レイチェル

ザ・プレイス 運命の交差点のレイチェルのレビュー・感想・評価

4.0
この人、何者。というワンシチュ映画。カフェの奥の席に毎日ひとりで座り続ける男。彼に相談に来る人々。謎の解決策を提示され契約…

預言者みたいだけど、強制ではないし、相手に決めさせて、話させて、メモる。ホントに何者。引き込まれてしまった。これは低予算でこんなに面白い映画ができるというお手本かな。 

人は悩んで解決策を求めるけど、行動するうちに本来の着地点じゃなくても幸せになったり、思わぬ不幸を招いたり。人生ってホント不条理に満ち満ちているのだよ多分。