イガコ

ザ・プレイス 運命の交差点のイガコのレビュー・感想・評価

3.4
1軒のカフェにいるひとりの男
(無茶な条件と引換えに願いを叶えてくれる)を
訪ねて現れる、老若男女。
はじめはできない言い訳ばかりを言う相談者たちが
徐々に決意を固め、その先の意志を持ち、暴走。
男の想定外の行動へと進み、運命の歯車が狂いだす。

完全、舞台向きの作品。
小劇場でやったら、緊張感もあって面白いと思う。
映画はちょっとBGMに頼りすぎたかな。

「幸福なラザロ」でも主要な役で出演していた
アルバ・ロルヴァケル(「幸福なラザロ」の監督の姉)が好演です。