バーニングの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「バーニング」に投稿された感想・評価

13日の金曜日とほぼほぼ同じ展開だなと思ってみてたら、翌年の作品か。そりゃ似てもくるな。

13日の金曜日と違ってトットが自業自得なのにあの終わり方は誰に感情移入して見ればいい作品なのか微妙なところ…

バーニングってそのまま燃やされたやつって意味なのかな?
ShinoOta

ShinoOtaの感想・評価

3.0
ストーリー的には良くある様な設定で分かり易い
昔の作品でチープな部分も沢山あるけど個人的には結構好き◎
グロ過ぎないのでホラーが嫌いな人も食事中でも観れるyo
(あの効果音ヤバいね)
殺戮が始まるまでが長くて途中で飽きた...。幼少時代にテレビで見て面白かった記憶があったんだけど、今見たらこんなもんだったっけ?ってガッカリしちゃった(´・ω・) 最後の30分はまぁまぁだったけど、プロムナイトに続き思い出のままにしておけば良かったと思った映画でした(´・ω・)
バスケット・ケースの兄貴が復讐のためにハサミマンになる映画。(ウソですよ)

特殊メイクがトム・サヴィーニとかそれはまあ置いといて、とにかくグレイシー君の性欲の強さと早漏具合に爆笑してしまってホラー映画とは思えないのが困る。
レトロ

レトロの感想・評価

3.0
ブラックフットキャンプ場の管理人のクロプシーは性格や態度が悪く、キャンプ場に来た少年達に嫌われていた。そんなある夜の事、少年達は寝ているクロプシーにいたずらを仕掛けるのだが、過って彼は全身に大火傷を負ってしまう。それから5年後、病院を退院した彼は「園芸バサミ」を持ち、ストーンウォーターキャンプ場に来ている少年少女達に当時の復讐をしていく作品
キャンプ場、バカ者…もとい若者、おっぱい等の古典ホラーのツボを押さえている安定のスラッシャー映画でした
太陽の光🌞を背にする事により、鋏✂️を真上に持つクロプシーの姿が黒くなって👤姿がはっきりと映らない様は、白昼でも不気味に映りましたね😫
そんな彼の活躍をすぐに観れると思いましたが、音楽で恐怖を煽るだけで結構空振りばかりなのがとても残念でした🙍
しかし、彼が本領を発揮してからの鋏使い✂️による、指チョンパ🤘や鋏を体にぶっ刺しての血がドバドバ出る⛲スプラッター演出には戦慄を覚えたよ😨
ババアの腹に刃物がサクって簡単に入った時は正直ププッて笑っちゃった。

あと血が絵の具、ケチャップにしか見えない。

ストーリーが面白いぶんこういうチープな演出がもったいない。
いい脚本なんだしもっとお金かけてればいい映画になってたかも。
(まぁ30年前の映画にどうこういってもなんですけどねぇ〜)
める

めるの感想・評価

3.0
トム・サヴィーニのお仕事ということで手に取りました。
クリスタルレイクっぽいアレなんでしょ?という予想通りの展開。なんか逆に安心して見れる。
ボートでの大虐殺。晴天に映える鮮血。一番良かった。(狭い足場で小回りきかせて頑張ったねとか考えない)
それにしても2回も焼かれちゃって気の毒に。
あと冒頭の炎上シーンは防火スーツもヘルメットも丸見えだったのでHDリマスターも善し悪しですな。
tukino

tukinoの感想・評価

3.0
楽しいサマーキャンプ。狙うはもちろんおませな年長組。復讐に燃える殺人鬼が無差別に若者達を襲いまくる、あのミラマックス記念すべき第1作目の作品。『ピアノ・レッスン』のホリー・ハンターのデビュー作でもある。
幼い頃は少しばかりキャンプやカヌーなどアウトドアへの憧れもあったが、幼少時代この映画を観ていたら間違いなくこの感情は消えて無くなっていただろう。

あのトム・サヴィーニが特殊メイクを担当しているだけあり、ハサミが肉に入る柔らかさや感覚がこちらにまで伝染してくる程に残酷描写は生々しい。
本作の名シーン。筏での殺戮シーンは『悪魔のいけにえ』のラストにも負けず劣らずなスラッシャーホラーを超越した美しいカット。これが観れただけでも価値がある素晴らしいワンカットだった。
・植木バサミで襲ってくる顔ドロドロ男、アイテム、ビジュアル、どれも恐怖しかないな
・カヌーでの襲うシーンこれヤバすぎて名シーン
・とにかく植木バサミで襲ってくるのが最高なアクセントになってる
たらこ

たらこの感想・評価

3.0
まぁ、こんな感じだよね・・・って感じでした。
確かに子供の頃に観てたらドキドキだったと思います。