コーディー

教誨師のコーディーのレビュー・感想・評価

教誨師(2018年製作の映画)
4.1
今年亡くなられた大杉漣さん、最後の主演作にして最初で最後のプロデュース作。

受刑者を改心へと導く教誨師。けどこれから死を迎える確定死刑囚への教誨にはどんな意味があるのか。正直、鑑賞前はピンと来なかったけど6者6様タイプの異なる死刑囚との対話の中で彼らを見つめ救いとはまた違う魂の導きを試みる。罪の重さは変わらんが世や人に憎悪を抱えたままこの世を去るのか死の淵で人を感じるかでは魂の行く先が変わるのかな。

ほぼ全編教誨室での対話で構成され音楽もない。それぞれの罪状などはチラチラ見えてくるけど沈黙、饒舌、後悔、憎悪を経て見えてくる本質。平静装っても見えないとこでは乱れたりとやはり人間。死刑制度の是非とか自分はわからんけど許されざる罪と言え国が人の命を終わらせることの重みは伝わってきた。そして教誨師にももちろん限界はあるし、答えはないけど見つめるしかない歯痒さが苦しかった。

大杉漣さん最後の主演作としてはいろいろ迫ってくるものもあったしラストシーンもなんか寂しく重なる。けどとても優しく寄り添う深みある蓮さんらしい教誨師、素晴らしい演技をじっくり堪能させてもらった。6人の死刑囚もどなたも素晴らしいし、特に映画初出演となる玉置玲央さんの演技は作品全体をピリッと緊張感に包む怖さがありました。

てか死刑囚って私服なんですね〜そんなことも知らんかった。