映画を観たよ

教誨師の映画を観たよのレビュー・感想・評価

教誨師(2018年製作の映画)
4.0
‪大杉漣さんの遺作となった教誨師見た。とても静かで、漣さんの芝居が優しいのだけど、多様な死刑囚前を前にして、彼らの話を聞き、生きる事と死ぬ事をずっと目の前で問いかけれる、色んな感情が揺さぶられる映画だった。
穴を見つめることに果たしてどれほどの意味があるかはわからない。
しかし、ないとも言えない。
彼が言っていたことは屁理屈ではあるが真理と思うこともある。
それぞれがそれぞれに自分の生と死を見つめていた。
受け入れるものも受け入れぬものも。
そして字を教わるおじいさんが一筋の光のようにも思えた。
久々にエンドロールで席を立てなかった。‬