くう

教誨師のくうのレビュー・感想・評価

教誨師(2018年製作の映画)
3.2
こういう作品だったのか……と、劇場で観そびれて今さら知る。大杉漣さんの遺作。

1本のストーリーで構築するということではなく、教誨師と死刑を控えた囚人との対話が軸になる。

大杉漣さんの演技をジックリ見ようと思ったら、これ以上の作品はないかも知れない。

淡々とした会話が続く展開だけに、主人公サイドの人生物語が入ってくるシーンには魅入らせられる。

救いとは、聞いてもらうこと。

なのかも知れない。