クレアのカメラの作品情報・感想・評価

「クレアのカメラ」に投稿された感想・評価

hiromi

hiromiの感想・評価

4.0
ホン・サンス監督作品を掘ってるところですが、すごく良かった。
ミク

ミクの感想・評価

4.0
ホン・サンス初見です。心地よすぎてぶっ通し3連続で見ました。二日酔いて死んでて、DVDを取り替える気力がなかったと言ってしまったほうが事実に近いです。

繰り返し見れば見る程、謎が謎をよび、謎々迷路に迷い込んで、でも、そんなことどーでもいいやと、数字の歌を唄う歌声に癒され、突然立ち上がったと思いきや、窓辺に立ち煙草の煙を吐く姿に惚れ惚れし、カシャっと一枚。クレアはアジア系のお顔が好み?
キムミニがどれほどかわいいかで採点しますね。これは5.0キムミニで満点キムミニです。しかし、内容が薄すぎるので減点して、3.0キムミニで落ち着かせることにします。
tori

toriの感想・評価

3.2
無理にいいところを探すと「詩的」「短い」「カンヌの裏通り」
以前鑑賞したホンサンス監督の作品は好きでしたが、
今作では、”THE韓流ドラマ”のような人物展開に
ちょっと引いてしまいました。
いわゆる、全ての同情をかってしまうヒロインに
監督の恋人を抜擢しているところもまた…。
あのイザベル・ユペールをしてまで
脇役にさせちゃうんだから。

なんでしょう。
アジア人特有のフランスへの強い憧れというものが
画面からにじみ出ていた気がします。
mfvlt

mfvltの感想・評価

4.0
2回目
チープマンデー
q

qの感想・評価

-
不思議に流れて繋がっていく時間、謎かけのような終わり方
▓

▓の感想・評価

4.0
コミュニケーションが高度過ぎる
ホン・サンス初レビュー。
“知るかよ!”ですよね?
ホントだよ!

自分ぶっちゃけ数える程しか(←言葉のマジック)ホン・サンス作品見てないのですが、自分が思う彼の作品のテイストは…
⚫︎事件性の高いテーマはさける
⚫︎ゆっくりテンポ
⚫︎シーンがボワ〜っと始まってボワ〜っと終わる
⚫︎要はヨーロッパっぽい
⚫︎味はハマグリに近い(←ダウト!)
⚫︎もうキム・ミニしか撮りたくないんだ!!!
…って感じですかな?なんせ数える程しかゴニョゴニョ…

今作は映画祭でカンヌを訪れていたホン・サンスとキム・ミニが、親交の深いイザベル・ユペールとスケジュールの擦り合わせをして短期間で一気に撮ったという、何処と無く成り立ち自体がホン・サンス作品ぽいシロモノでございます。

映画配給会社で働くマニ(キム・ミニ)。仕事で訪れていたカンヌで、前触れもなく解雇されてしまいます。女社長のナムに直接理由を尋ねても「正直では無い人と働けない」「そうした方が良いと思った」「音楽性の違い」などと曖昧な事を言うばかりで要領を得ない。
失意のマニは帰国までの間、カンヌの街を当て所なくうろつく事にします。
場面変わって海岸、波打ち際に佇む中年男性は韓国の著名監督ソ。そして後からやってきたのはナム社長。…どうやらマニの解雇理由はこの二人の間柄に関係していそう…。
で、ここに通りすがりの美魔…旅行者クレア(イザベル・ユペール)が、事情を知らないまま彼ら双方と交流していくうちに何となく事の次第、そのパズルのピースがはまっていくという感じ。
タイトルになっている“クレアのカメラ”とは、クレアの、カメラです!…彼女の撮る写真を通してマニとナムたちがお互いの知らなかった事柄を知るに至るのであるよ。


…映画そのものの出来は…正直めちゃくちゃユルイです!“撮影がスゲエ”って気もしないし、ストーリーも“エチュードを並べ替えたらなんとなく物語っぽくなった”ってレベル。演技はおそらく即興性がすごく高くてスリリングな仕上がり。普段のホン・サンス作品の心地よいズレを大幅に超えて、もはや見ているだけで気まずい気持ちになっちゃいます…。
特にユペール絡みのシーンは、共に母国語以外での会話になっていて、まさにロスト・イン・トランスレーション。Eテレの外国語教育の番組のシチュエーションスタディみたいな間抜け感有りです。反面、ユペールの佇まいで全部アリになっている間も有り…というのも、あんな美魔女が存在するのなら“どんな事でも有り得る!”という“マグノリア・ケロケロメソッド”が炸裂しますよ!
劇中、クレアが「被写体は撮影された次の瞬間、もう前とは違うものになる」的な事を仰って、これが恐らくこの物語の中心テーマなのだと思うのですが、…なんか気乗りしなかったので特に考察はしませんでした。むしろ“芸術家がよく言う意図的に分かり難くしてある意味ありげな発言”として心地良くスルー出来ましたよ☺︎

ところで、韓国映画でよく見る《口論の論旨がダイナミックにズレていって、結果声の大きい癇癪持ちが論破したような雰囲気になるやつ》…アレ気が滅入りますね。今作でもマニ(キム・ミニ)がソ監督に意味不明な暴言をくらいまくってションボリしてました。たまたま着てただけで巻き添えを食らったチープマンデーのデニムショーツ可哀想!パッチのドクロマークも泣いてらぁ…。

70分程と短めですし、ユペール様が拝めるってんならぁと、軽い気持ちで観てしまいそうですが、なかなかにラフな仕上がりで飲み込みにくくなってますのでご注意を!…レビュー、書きにくいぞ!!!!
>|