クレアのカメラの作品情報・感想・評価・動画配信

「クレアのカメラ」に投稿された感想・評価

どんなお仕事を…そうだ 教師でしたね
あー

あーの感想・評価

4.0
普段韓国語を話す人とフランス語を話す人が英語で話してるからいつもの会話よりちょっと間が空いてる感じとか字幕も英語の教科書みたいに文法通りに訳されてる感じが良い
流石に2時間これやられたらきついけど1時間という短い尺だからこその実験的な部分もある気がする
物語の中で写真という過去が未来を変えていくけどクレアのカメラが未来を変える唯一のものという考え方が素敵
でもキム・ミニの魅力が他のホン・サンスの作品ほど発揮されてなかったのは残念
心地いい会話。とにかく何ともなかったな〜
ゆ

ゆの感想・評価

-
初ホン・サンス!イザベル・ユペール様目当てで鑑賞。独特なズームと、画面の色彩の豊かさ、あとは構図の美しさが魅力的だった。ソとクレアがカフェで会うところ、ソは紫のシャツ、クレアは黄色のカーディガン、それから手前にいるエキストラの女性がピンクの服をまとっていてコントラストがかわいい。あとマニが布を切りまくるところ、クレアもマニも黄色っぽい服かつ部屋の壁も黄色で、飾ってある花と切り裂かれた布のピンクが際立っていてこれもすごく良かった。一つ一つの場面が絵画みたいな完成度で、全部印象に残っている。
解雇されるところ、辞めることを決めて犬を見つけた瞬間にようやく正面からマニの顔が映されるのが印象的だった。2人の人物がテーブルを挟んで語り合う場面が多いので自然と横顔を撮ることも多く、後ろを向いたり正面を向いたりするだけでも印象に残るシーンになってたと思う。マニがアパートの部屋で煙草吸うところとか…。
特に何か大きな出来事が起こるわけではないけど、いい映画だった。軽やかだったな。
Sashiwo

Sashiwoの感想・評価

4.5
どうしても映画を観たい日だった。サンス6作目鑑賞だが、今までみたサンスの中では一番好きなサンス。ユペールが別の映画の主人公で、たまたまサンスの映画の主役と出会ったみたいな感じがして新しかった。逆バージョンも観たい。キムミニもすごい巧い。どのカットも凡庸なものがない。この軽さと余白で、しかもフラつかない。私の映画経験では語ることはできないが、勝手に自分の好きなように観れるのがたのしい。ラストはascension!
さ

さの感想・評価

4.0
今作もキム・ミニが輝いてた。キム・ミニがでてくるホン・サンス作品のなかでいちばん好きかもしんない。
む

むの感想・評価

4.5
自然体なキム・ミニとイザベル・ユペールが新鮮でした
>|