ホワイトアウトの作品情報・感想・評価

「ホワイトアウト」に投稿された感想・評価

小説はよくできているが、映画は微妙。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.0
昔観たけど、なんとなく涼しくなりたくて(笑)
やたら人が撃たれる…っていうのがやっぱり苦手。

でもダムが舞台って面白い!
何があっても約束を守れる人になりたい。
joker

jokerの感想・評価

-
高校生の時かな、確か。
Tak

Takの感想・評価

3.6
皆さん、邦画アクションのおすすめは?

僕まだまだあまり詳しくなくって、邦画のアクション映画を知らないのですが、白の雪!ブオオーン!!

戦うというか、日本で行われるスケールの大きなアクション映画!

若松節朗さん監督なんですね。織田裕二さんと仲の良い印象です!

白背景に赤の服、
夏に観ると涼しげな気分と少しどんよりした冷たさを感じる映画です。
うめ

うめの感想・評価

2.8
過去鑑賞
日本版「ダイハード」とよく例えられる作品。アクション映画にしてはもの足りなく感じるけど日本映画の予算を考えれば仕方がない。SF映画よりマシ!

一番注目はやはりテロリストを演じた佐藤浩市さんでしょう。パッと見わからない風貌で役になりきっているのが名優の証。
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.0
フジテレビで再鑑賞。
2016.11.1
のら

のらの感想・評価

2.5
端的に言ってしまえば、日本版ダイ・ハードを目指した映画。

ダイ・ハードは冴えない感じのおっさんが孤軍奮闘するある種の持たざる物の泥臭い戦いだった。しかし本作の主人公である織田裕二はただの登山好きにも関わらず、敵を手際よく倒していくのでスリリングな要素が弱い。また早い段階でテロリストに亡き親友の婚約者を人質に取られている事を知ってしまい、変な使命感に目覚めてしまう為にテロに巻き込まれてしまった感が弱くなっている。

また敵に当たるテロリスト集団「赤い月」 のディティールも薄く、宇津木と笹原の対立軸も分かり難いので、テロリストの主張が見えてこない。

日本版ダイ・ハードとしては悪くはない出来だが、ダイ・ハード2以降のダイ・ハードシリーズがただのドンパチアクションになってしまったのと同じ轍を踏んでいるように見える。つまりダイ・ハードの駄目な部分を真似した勿体無い映画になってしまっている。
umuumu

umuumuの感想・評価

4.0
記録用
>|