クレイジー・フォー・マウンテンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

クレイジー・フォー・マウンテン2017年製作の映画)

Mountain

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:74分

3.4

あらすじ

「クレイジー・フォー・マウンテン」に投稿された感想・評価

昔から今までの、山と人との間柄を壮大な映像とウィレム・デフォーのナレーションと共に見せていくドキュメンタリー作品。

今までのドキュメンタリーの反省を元に、コーヒー片手に鑑賞。ありがとうカフェイン、おかげでぐっすりだよ😊
とは言いつつも眠っちゃったのは最後の方だけなので、それまでのことを書ければいいかなと思います。

タイトルを流してたかどうかすら忘れるほど長々としたオープニングから始まる。
スクリーンに映し出されるのは、自然の産物「山」とそれに挑む「人々」。

時代が移り変わると共に、人が山に抱く気持ちも変わっていく。しかし、人が山に対して特別なものを感じるのはいつの時代も全く変わらない。

「確かにそこにある」ということにもしかしたら惹かれるのかもしれないね。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
BGM、ずっと流れてたけど、自然の無音な感じも聞きたかったなー。
クレイジーっていうだけあって、本当にドキドキが止まらなかったー!
人間は鳥じゃないよー。
崖から飛んじゃダメだよー。
山はすごいねー、人間なんて絶対かなわないでしょ!
satomi

satomiの感想・評価

3.0
人が主役かと思ってたら山が主役だった🏔
オケのBGMじゃなくて環境音が良かったなと思ったけど、それじゃめっちゃ地味になるかな。
ヘリコプターから飛び降りて滑降したりとか、山でスリルを楽しんでる人たちにびっくりした!
私は景色を見たくて登るし、怖いのは嫌だから、全然楽しみ方が違うな〜と思った。
スケールとレベルが違いすぎて、これを見て山に行こう!とは思わないけど面白かった!
はる

はるの感想・評価

-
フリーあり、エイドあり、アイスありとクライミング成分多めで、撮影技術の多様化もあって楽しいし臨場感もある。

ライト層でなければ新味は無いはずだけど、スクリーンサイズで観ることに意味があるのかなと思える。

古い記録映像もあり、そこも興味深かった。

個人的には同じ映画館で直近で観たのが「ウインド・リバー」だったので、また雪山かと思ってそれも楽しかった。
ryo

ryoの感想・評価

3.5
邦題、なんかズレてると思うなぁと鑑賞中思ってました。
原題はマウンテン。
だって決して山に登る人が主役の映画ではないと思うんです。
確かにすごい人たちはいっぱい出てきますけどそれ以上に山そのものの力を感じる映画だったと感じました。

シネリーブル神戸最前列での鑑賞。最前列でみると没入感最高でした!
"山は呼吸し、狂おしいほどに生きているー。"

山に、もはや言葉など存在しない。

クレイジーな山々と人々が、丸裸になり、ウィレム・デフォーさんの素敵な声と最高の演奏に酔い狂います🎵🗣💓

山って凄すぎるよ。理解しようとすることすら無粋だと秒できずく。

素手とチョークとクライミングシューズで800mほどの崖を登っちゃう人、

アレックスオノルドはその瞬間、微笑みます。その笑顔、天使かよ!!!!!!!!!!!!👼💓

狂ってる。まさにクレイジーフォーマウンテンである。いいタイトルね。

ちんさむどころじゃない、映像の数々に、映画館に見に来ていることすら忘れてしまう瞬間、僕は自由になる。

そして息をする、山。

溶岩って命そのものだと思うんですよね。どくどくと流れる溶岩って、血脈だわーって。なんかもう流れる溶岩から目が離せなくなる🌋"

なので、理解などしなくていんすよ

だって山は理解など求めてないもの。

ずーーーーーーーーーーっとこれからも

佇むのみである🗻"
山と人のあれこれを一個人の視点から。映像はとても綺麗でした。映し出された映像にストーリーを求めてしまったのもあってすごく退屈なものを見せられている気分に、、
Shigerun

Shigerunの感想・評価

2.9
京都シネマ

予告だけ見てこっちが勝手に想像してたのと違ってただけなんだけど、思ってたのと違った。
もっとエクストリーム系登山ドキュメンタリーなんだと思ってたんだけど、すごく上っ面で、雰囲気の良いオーケストラと綺麗な映像とウィリアムデフォーの詩的なナレーションが融合した、意識高い系山系PVだった、という認識です。
やってること自体はすごいんですよ。それはもちろん認めてます。でもねぇ… 使い方がなんかねぇ…
tenki

tenkiの感想・評価

3.7
これまで観てきた山岳映画とは全く違うドキュメンタリー映画。冒頭からもそれははっきりわかる。
ここには明確な主人公がいるわけでもなく、ただ山と山に対峙した人間を追いかけてる。そしてみんな命がけで山と向き合ってる。ワタシみたいに、山登りはしたいけど命張ってまでは〜と思う者からすると、本当にクレイジーとしか言いようがない。
特にエクストリームスポーツのレベルになると、アタマの栓が外れるとしか思えない。恐怖よりも高揚感の方が優ってるんでしょうね。

ただ単純に山は美しくて、誰に対しても平等にそこに在り続ける存在。
ワタシはゆるゆると、ほんの少しだけチャレンジ精神を持った山歩きを楽しむことにしようっと。
kitkitkit

kitkitkitの感想・評価

3.6
なぜ人は山に登るのか。
このよく聞く根元的な問いに答えはない。
この映画でなにか掴めるものがあるかも知れないけど、結局そこまでは分からない。
自分で行かないと。

昔、山は信仰の象徴だったけど、
人が登るということに挑戦するようになるまで、も描かれてます。
あとクレイジーな登山とエクストリームスポーツの信じられないような映像の数々。