劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明けの作品情報・感想・評価

劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け2018年製作の映画)

上映日:2019年01月04日

製作国:

上映時間:119分

3.9

「劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け」に投稿された感想・評価

ロボットを調べてて「おちんちんは生っぽいのが付いてたよ!」って(笑)

やってきましたいつものやつです!
そう全然知らずに観てきました(笑)
まあ予備知識なくいきなり劇場版が僕のスタイルなんで(笑)

ゴムゴムの実の能力者とゲロ臭い少女の話し。
これ、TVの総集編作られるくらいなんやから人気あるんですよね?
うーん、なんと言うかこれ総集編でも展開遅いのに、TVだと絶対寝るわ(笑)
てか劇場で2回ほど寝ちゃいましたが…。
おかげで主人公2人、リコとレグの出会いのエピソードは見逃したらしく、目を開けたらいきなり一緒にいました(笑)
他の方のレビュー読んだら冒頭に新規カットがあるそうなので、それ観終わってウトウトした模様(笑)
人工物だけど人間には解明出来ない直径約1000メートル、深さ20000メートル以上の縦穴"アビス"に、伝説的探窟家である母を探しに行く設定は興味深いのだけど。
しかし主人公2人のキャラ設定が変。
探窟家見習いのリコはやたらとレグに抱きつくし、裸見られても平気だし、だいたいこの世界のお仕置きが裸吊りって時点でアウトやろ!(笑)
12歳の女の子ならもっと恥じらいなさい!(笑)
そしてレグの方はアビスの中で発見される「奈落の至宝」と呼ばれる詳細不明のロボットみたいなもんなんやけど、腕が伸びます!(笑)
他にも掌からビームみたいなの出たり、人間の素肌ぽいのにドリルでも傷付かなかったりしますが、とりあえずゴムゴムの腕です!(笑)
これ前後編なんでまだ深界二層までしか辿り着いてないから、次回に期待って事で!

何年ぶりかで年末年始に連休じゃないけど4日も完全オフ日があったので、調子にのって遊びすぎました(笑)
その時は楽しかったんですが、反動が凄くてまた鬱々とした日々。
と言うかお金使い過ぎてヤバいかも(笑)
大画面でアビスの世界を体験できたのはかなりよかった。ワクワクは誰にも止められない
度し難い前編
よよ

よよの感想・評価

2.8
原作既読組かつアニメも視聴済み。あの音楽を劇場で楽しめてよかった。
学者

学者の感想・評価

4.0
備忘録
キャラの可愛らしさに反してエグい展開が待っている「度し難い…」作風。
総集編二部作の前編。元のTVシリーズは全13話(第13話のみ1時間SP)で未完。前編は8話分の総集編のようだけどそんなにダイジェスト感はなし。私は本作が初見。

世界観がとても面白い。深さ15000mを越える巨大な縦穴アビス。探窟家見習いの少女と記憶を失くしたロボットの少年が、アビスの深層を目指し命がけの旅に出る。
深界一層から七層までの層ごとの特異な環境・生態系。下降時には何もないが、上昇時に身体に異変が起こる「上昇負荷」、通称「アビスの呪い」。力場の影響で時間の流れが地上よりも遅い。人類のそれを遥かに超える技術で造られた不思議な力を持つ「遺物」の数々。そんな過酷なアビスを踏破し、最深部を目指す伝説級の探窟家「白笛」たち。
縦穴に潜るというシンプルな行動が、設定しだいでここまで魅力的に描けるんだなあと思った。
特に「上昇負荷」の問題。話に聞くだけでも「穴という穴からの流血」「全感覚の喪失」「人間性の喪失、もしくは死」などなど、深くまで潜ったら最後、基本的に戻れない片道切符の旅ということが分かる。それをリコたちも充分に理解しているからこそ、旅立ちは今生の別れに等しく、涙なしには旅立てないのである。旅立つ、ということが他のアニメと比べて遥かに重い。

元気で明るいリコの衝撃的な秘密が前編で明かされるが、しかしそれは後編の酷さに比べればまだまだ可愛いものだった!?
あと前編はマルルクちゃんがやば可愛い。俺だったらずっとあの基地に居座ってマルルクちゃんの成長を見守るわー。
総集編の全編。追加の映像は冒頭にちょっとだけ。
アニメからカットされている部分も違和感がなく物語の導入として十分な内容。
大好きだけど後編の布石ということで点数は控えめで…。
おむ

おむの感想・評価

3.6
アニメでハマり、漫画も読んでますが映画も良かったです...!

内容自体はアニメとほぼ同じ。
1クールの内容を前後編で描いてますが、カットされてるシーンや足されているシーンもありました。

アビスはとにかく設定が良い。
謎に包まれた底の見えない縦穴、帰路を阻む呪い、そしてそれに命をかけて挑む探窟家。
主人公達の冒険を応援すると同時に彼らを取り巻く謎が少しづつ紐解かれていくのも楽しい。

アニメでも思ったけれど、映像と音楽もアビスを印象深いものにしている気がする。
映画で改めてみても息をのむような美しい映像はこのアニメにピッタリ合っている。
あと、可愛かったり怖かったり特徴的な生き物達がカラーで動いて観れるのも映像ならではの良さ。

後編もしっかり見て、新作楽しみに待ってます!
歯岬

歯岬の感想・評価

4.8
とても優秀なエロアニメ(大原さやか先生の最高傑作)
幸

幸の感想・評価

3.0
メイドインアビスの世界観がとても好き。なんでこんな設定を考えられるんだろう。大きな穴があってそこに潜れば潜るほど地上には戻れなくなっていく。戻るには人の原型を失う、最悪死ぬ…なんて可愛いキャラクターからは想像もつかない死と隣り合わせの冒険にリコたちは出て行く。

リコの母ライザはどこにいるんだろうね。なんか深層にいて感動の再会して終わりって話じゃなさそうだ。

漫画を貸してもらって最新刊まで読んでるから物語の流れは知っているので、そんなに目新しい感じでは観れなかった。けど話を忘れた頃に観たらもっと楽しめると思う。
>|