ゆたろと

アマチュアのゆたろとのレビュー・感想・評価

アマチュア(2018年製作の映画)
3.5
NBAを20年間見ているので、少しだけ「プロ」の話を。

2016-2017シーズンにボストン・セルティックスに在籍したアイザイア・トーマスという選手がいる。
小柄ながらも類まれな得点力でスター選手にのし上がり、あと1年すれば年間数十億円のMAX契約が待っていた矢先、シーズン終盤に怪我をする。

手術に踏み切ったアイザイアを待っていたのは、非情なトレード。
その結果、今シーズンの彼はスター選手の見る影もない全く成績の振るわないシーズンを過ごすこととなった。
そして年間数十億円の契約が待っているはずだった1年が過ぎたいま、MAX契約どころか次のチームすら決まらないかもしれない状況にある。

たった1年で、天国が地獄に変わってしまったのだ。

こんなのはほんの一例。
スポーツはビジネス。非情なのだ。

この作品を観て、アマチュアの世界も同じだけの非情さを孕んでいるのだと知った。
おそらく、映画に出来ないような話もたくさんあるのだろう。

肝心のバスケのプレーがどうとか文句を言いたくなる気持ちもわかるが、バスケ映画、ひいてはスポーツ映画としてとても面白い作品だった。

久しぶりに「コーチ・カーター」も観たくなった。