きたの

チワワちゃんのきたののレビュー・感想・評価

チワワちゃん(2018年製作の映画)
4.7
薄っぺらいような、そうでもないような曖昧な関係性を描けてたのは好感度高い。
彼女らはチワワちゃんと最期まで親密だったわけじゃないのに弔いの場では泣けるのが不思議。
友情や色恋は理路的に捉えられないものだよなと思えた映画でした。