KengoTerazono

チワワちゃんのKengoTerazonoのレビュー・感想・評価

チワワちゃん(2018年製作の映画)
5.0
映画はファションだ。「今」の等身大を映し出す。漫画は岡崎京子の作品だが、映画は間違いなく二宮健の作品。漫画の受け売りではなく、彼の作品だ。私はあの頃の自分のファションやスタイルを忘れないだろう。時間に追われ、憂鬱な気持ちに翻弄され、大人になることに抗おうとしている、今の自分を忘れないだろう。