escher

人間の時間のescherのレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
2.0
キム・ギドクのファンである私でも、この映画は厳しかった。最大の問題点は、チャン・グンソクの役の言動。善人キャラなのに、序盤に圧倒的な悪行を働くが故に、その後の善行が全く持って感情移入出来ない。であれば悪行以降、悪の道に走るか、もしくはあの悪行を行わせない方が良かった。
そして、今回が初めてではないが、ギドク映画では違う言語で登場人物が会話出来てしまうことがあるのだけど、これは止めた方がいい。何か意味があればいいが、どうしても意味合いが見出せない。全員、韓国人俳優で固めればいいのに、なぜそんなキャスティングをするのか。
オダギリジョーはいい人役で出ているが、最後の行動で「?」が浮かぶし、いやはや、まいった。