紫亭京太郎

人間の時間の紫亭京太郎のレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
2.5
様々な人間模様を載せてクルージングの旅に出る退役軍艦を幻想的な極限状態の世界に放り込み人間という動物が本能を剥き出す様を猟奇的かつ生々しく描いた自分史上最もダークなファンタジー。揺れるアダムが情けなさ過ぎて失笑してしまうようなイヴを中心に展開する“超訳聖書”。