なまさかなクン

人間の時間のなまさかなクンのレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
2.1
テーマの提示の仕方はすごい。自身の作家性をちゃんと示している。そこは良い。

ただ、そのやり方がかの「ジョーカー」に比べると、というか比べずともアンクールだし、「パラサイト 半地下の家族」に比べると、というかこれまた比べずとも真面目すぎる。

観応えは充分にあるのだか、というかありすぎるあまり、なにか大切なものが見えてこない。おそらくそれは、テーマが前に出過ぎているあまりに、筆者を含め観客の目が霞んでしまうからであろう。

どうした? キム・ギドク!