まゆたろう

人間の時間のまゆたろうのレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
3.2
衝撃的すぎた。
この映画に対して賛否両論あるとは思うが、私は面白いとか面白くないとか以前に、なんかもう心をえぐられるような感覚。

リアルとファンタジーが面白いほどに
融合されている。

これが人間の真の姿なのだとすれば、
とてもじゃないけど受け入れ難い。
あらためて、一番恐ろしいものって
やっぱり「人間」なんだ。

極限状態に陥った時むき出しになる人間性、欲望。
この映画で観たその全てが
強烈に残っていて、
多分一生忘れないし
この先この作品以上に
ヘビーで、過激なものを観ることはないんじゃないかと思うくらい。


ここからは内容的なことも少し↓

物語は様々な年齢と職業の人間が乗り合うクルーズ船から始まる。
これから起こる出来事を知る由もなく。

映画の中でツッコミどころは多々あった。
え、言語どうした?とか、時間の進み具合謎、とか。
でもそんなようなことが薄れるくらいの
そこで起こるあまりにも残酷で悲劇的な映像。
そして主人公イヴと、国会議員の息子アダムは劇中ではその名は出てこない。
最後にそういう意味か、と。

藤井美菜ちゃんのお芝居結構好き。
韓国でも活躍してる美菜ちゃんすごいな。
グンちゃんの体当たりの演技も良かった。
今回の役は物語が進むにつれクズっぷりが隠せなくなってきてて、政治家の息子として育ってきた感がにじみ出てた。
オダギリジョーさんの出演時間もう少し欲しかったな。いつでもかっこいいです。
キム・ギドク監督、噂には聞いていたけど
すごい表現の仕方。
そして見ている方に何も反論させないかのような、キム・ギドク特有の世界観。