お腹痛亭頓服

人間の時間のお腹痛亭頓服のレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
-
汚いファンタジー映画
正義感溢れるきれいな人は早々にドロップアウトし二度と出てこず、あとは倫理観がナチュラルにバグってる人間たちを中心にグチャグチャになっていく
物語上与えられた役割に沿って、しかもそれに半自覚的に動く登場人物
ヤクザのキャラデザが好き
少し長いけど飽きずに楽しめた
でも後味悪く女性の扱いが終わってるので人には勧めない