人間の時間の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(1館)

人間の時間2018年製作の映画)

인간, 공간, 시간 그리고 인간/Human, Space, Time and Human

上映日:2020年03月20日

製作国:

上映時間:122分

「人間の時間」に投稿された感想・評価

人間
空間
時間
そして、人間

ファンタジー要素を取り込んでもそこはギドグ。一筋縄ではいかない。

劇中一言も発さず表情や眼や仕草のみで語るアン・ソンギの存在感たるや。
以前は好きだったキム・ギドク監督作。シネマート新宿にて鑑賞。映画の日だったことを会計時に気付いて得した気分になった。
今作の主演は藤井美菜という日本人の俳優で、日本語で演じていた。オダギリジョーも、友情出演的に出ていて、やっぱり日本語で話している。

周りは韓国語なのだが、会話は成立している。
これはキム・ギドクの過去作でオダギリジョーが主演の『悲夢』でもそうだったが、映画ならではという感じがしてけっこう好きだ。

ただ今作は色々荒々しすぎてついていけないところがあった。人間の、主に食欲と性欲を誇張して描くのはキム・ギドク監督の作風なんだけど、今作については設定や役柄が、いつもより更に記号的ですんなり飲み込めず、セリフで色々説明してる感じが更に違和感を増大させている。

しかも一番観念的というか感情や葛藤を抱えて、それを話すキャラクターを演じるのが藤井美菜さんで、日本語で話すもんだから、演技は非常に真摯で良かったけれども、紋切り型のセリフで勿体なくなってると感じた。

でも、無理のある設定やキャラクターは、以前のキム監督作でもよくあった。
というか毎回、リアリティを情熱でねじ伏せる力があって、そこが好きだった。のだけど、キム監督自身が、過去作の出演女優から性的なシーンを強要されたり暴力を振るったりという告発をされていることを知っているので、レイプや暴力に遭った主人公が、その加害を極限状態の中で相対化させていく様をセリフでいちいち説明されるのは、ちょっと受け入れ難いところがあった。

とはいえ、エロスとバイオレンスと大量の死を別の命が覆っていく中で人間はどうもダメですね、みたいな展開をここまで荒々しく映画にしていく力技は、やっぱり見応えがあった。
キム・ギドクの暴力や強要の疑惑について、報道されてることが事実であれば、もう以前のように彼の作品は楽しめないなと思いつつ、初めて劇場で彼の作品を観た高揚も感じる、複雑な鑑賞体験だった。
アダヒ

アダヒの感想・評価

3.0
キム・ギドクらしからぬ壮大な物語でした。突拍子無さすぎて笑えます。監督のフィルモグラフィの中でも ここまで直接的な描き方をされている作品は 今まで無かったんじゃないでしょうか。説明的な台詞や安いCGなど、粗っぽいところが多いです。芸術としての完成度より メッセージを伝える為のメディアとしての映画でした。
映画の完成度、では全く語りようのないキム・ギドク作品。相変わらずの雑さでキャラクターへの感情移入や、物語的な推進力とか語り方とか「映画的」高尚さは皆無。

このようにしか撮れないし、このようにしか語れない、という非常に狭い視野の映画である、がどうしても好きになってしまう。

本作も大作感のあるカメラワークからの、時折、自主映画なのか?というような素人っぽい画面が散見されたり、日本語と韓国語が入り乱れているのに会話が通じていたり、かと思えばチャン・グンソクが時々日本語を喋ったりとリアリティラインがめちゃくちゃ。
何より人物の関係性や出来事をセリフで説明してしまう愚行もてらいがない上に、共感できない、絶対にそんなこと言わないようなセリフ回しまで頻出する。

ただ…その映画的カオスに収まりきれないほど、作中の出来事がカオスと地獄絵図のため、それどころじゃない、という気分になってしまうほど、ある一方向に極端に切り取られた人間の暴力性が露呈する。
人間は飲み食いをしセックスをし人を殴り、殺す。
だけど営みを止めることはない、という現代の世相に噴出しがちな恐ろしいシンプルさを、これでもないほどシンプルに身も蓋もなく描くことによりあまりにも救いのなさが表現されていて清々しい。

一方で、イ・ソンジュとチャン・グンソクの親子の凄まじさと、全編に渡る罪と罰の攻防とそれらを超えた「生存」そのものの逞しさ、そしてそれらを断じない突き抜けたモラルのあり方に感動を覚える。

面白い映画だとは微塵に思わない一方、絶対に観たことのないスペクタクルにとにかく圧倒された。
これほんとにキム・ギドクの映画?どこのヘタクソなVシネだよとか途中まで思うんだけどラスト30分ぐらいの飛ばし方&放心のさせ方はなるほどキム・ギドクだった。エグくて終わらせ方もいいんだけど、終わった途端にあんまり後を引かなくて、実は大した中身は無い映画なんじゃんこれ。深遠そうなタイトルつけるから余計にそう感じちゃうんで、いっそのこと「キム・ギドクの食人族」とかでいいんじゃないですかね?
レク

レクの感想・評価

3.8
人間、空間、時間、そして人間。
ディストピアで描く人間模様から国家、更には世界の縮図として魅せる旧約聖書の創世記。

道徳観念が欠如していく空間、空腹に耐え生命が育つ時間、人間であろうとする人間と人間であることを忘れる人間。
死体から生まれる新たな命、喪失と再生は幾度となくキリスト教をテーマに描いてきたキム・ギドクが贈るエデンの園とアダムとイヴの失楽園。
船上で繰り広げられる凄惨な争いはカインとアベル、その船は人間の堕落からノアの方舟を模している。

極限状態での倫理と道徳の脆さ、生命の円環と繰り返す業の深さ。
人間の性と本質を暴くキム・ギドク節が炸裂の超変態劇薬映画だ。
河田

河田の感想・評価

1.5
ムービーウォッチメン課題作なので観た。
倫理的にアウトなのは良いけど、キャラクターやお話が意味不明すぎてアウトでは……。途中から「これはギャグ映画だ」と思いながら観てしまった。チャン・グンソクが演じた役が1番タチが悪いと感じたが、ある意味生々しい人間の現実を描いているのかもしれない……。
人間植木鉢も発想が斜めすぎて謎。おじいさんはどこへ行ってしまったのだ……。あのラストを観て何を感じればよいのか……。
序盤に消えたオダギリジョーが、ある意味、作中最も幸福なキャラクターだったかもしれません。笑

久々に謎すぎる映画を観てしまった😅
hinazo

hinazoの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

【ギドクの創った罪深い楽園】
もうね、ツッコミどころしかないですよ。
ヴィジュアル的には伊藤潤二先生の漫画っぽい良さもあるんだけど。
この際、日本語と韓国語を何故かお互い理解してるところは目を瞑りましょう。
グンちゃんが突然日本語を話し始めるところもまぁいいや。
飢餓状態でも太り続けてるの何?グンちゃんってもっとストイックなイメージあったんだけどなぁ。
そしてオダギリジョー先生はきっとギドクという監督の現場を見てみたかっただけよね?
ひたすら寡黙なおじいさんの行動を全て説明する藤井美菜さんも謎だったし(この方絶対ヌードNG感すごい。対する娼婦軍団の見事な脱ぎっぷりもすごい。まぁ脱げれば良いという話ではないけど)
でも、「お腹の子供は絶対守ります。」と言っておきながら「腹減った」とわがままに暴れだすグンちゃん。実に人間味溢れててそこは好きだった。まさにわがままボディ。
七つの大罪をモチーフにした宗教観溢れる作品でした。

胸糞悪いままエンドロール。足腰に力が入らないままフラフラ歩いて帰りました。
あと、手榴弾ってめちゃくちゃ威力あるのな。
キリスト教、ギリシャ神話、天地創造などなどてんこ盛り。『春夏秋冬そして春』のB面みたいな作品。昨今の韓国映画とは一線を画すキム・ギドクのゴーイングマイウェイな姿勢はさすが。
細かいとこ 突っ込む人は
たぶんおるかも知らんけど..

伝えたい事に正直な映画。

監督のたどり着く、
先がどんな映画であろうと
遺作まで 観続ける所存です。