騙し絵の牙の作品情報・感想・評価・動画配信

騙し絵の牙2021年製作の映画)

上映日:2021年03月26日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「騙し絵の牙」に投稿された感想・評価

豪華キャストによる老舗出版社を舞台とした社内政治劇。
原作は「小説の当て書き」に挑戦したもので、もちろん実写化同様、大泉洋。
原作を読んでいたが、だいぶ手が加えられており味わいも異なるので新鮮な気持ちで楽しめた。
派手さはないがとても小気味いいテンポで進行し飽きさせない。
役自体が魅力的なこともあるが松岡茉優がよかった。
こやち

こやちの感想・評価

3.5
大泉洋のアテ書きで作られた映画との事。それにしてはスマートで切れ者過ぎ。もっとしくじってボヤいてるのかとおもったよ。大泉洋本人もそうボヤいてた。主人公は大泉洋なのか。自然と松岡茉優に共感する様にできてたね。

生き馬の目を抜く出版業会。大手出版社薫風社内部でも出世生き残りをかけて、権力争いを繰り広げる。
騙し合い抜け駆け陰謀のお仕事映画はなんか疲れてやだなぁ、と思わせるが、それ程酷い陰謀でもなかったか。リリーフランキーの件とか松岡茉優の行き先とかは面白くラストはいいところに落ち着いてたかな。
futa29

futa29の感想・評価

3.4
うーん
おもしろいのはおもしろいんだけど、予告で煽って期待してたほどの大どんでん返し感はなかったかな。
結末はなんとなく予想してたものとは違ってたので、ストーリーはいいのに見せ方の問題?

ちょっと不完全燃焼感はあるけど、しっかりしたストーリー展開でおもしろいのはおもしろいです。
俳優さんがみんないい。
松岡茉優の電話の取り方のリアリティーすごい。
yellowbaku

yellowbakuの感想・評価

1.0
?面白いかなぁ~っ。評価は良いが本当に良かったと思ってるのかなぁ~っ。満足度2%でしょ。全然、驚かないし、騙され感が無いし、爽快感も無く、成程感もなく、凄いとも思わないのに満足度83%?構成が悪いのか、脚本が悪いのか、演出が悪いのか悪いのわかりませんが、面白くない。ドンデン返し映画は「あーーぁなるほど」が来るのだが、全然ピンと来ません。折角の大物役者、誰一人、輝いていませんでした。見なくても良い映画です。せめて映画館に行かなく良かった。発表当時、迷っていたのですが大正解でした。

最新映画ブログ紹介↓
https://www.yellowbaku.shop/
登場人物も多くて為人含めあんまりよく分からなかった。
最後の終わり方も案外さっぱりしてて、期待値高かった分拍子抜けしてしまった。
sana

sanaの感想・評価

4.0
豪華な出演俳優による騙し合いは、非常に見応えがありました。

✨印象に残った方

・大泉洋さん
演技が上手で幅広い役柄を演じられる素晴らしい俳優さんです。
『こんな夜更けにバナナかよ!』の鹿野さん役を観た時も役作りの上手さに感動しましたが、今作の早見輝 役も大泉さんにハマっていました。

・中村倫也さん
出演時間は短かったけれども、出版社社長の息子の風格がよく出ていて存在感がありました。

✨ストーリー
騙し騙されの連続で最後どうなるのか予想できませんでしたが、まさかあのような結末になるとは!いい意味で裏切られました。

『七つの会議』や『半沢直樹』が好きな人ならとても楽しめる映画だと思います。
観てよかったです。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.8
面白かった。
とっても面白かった。

映画は東宝で見るようにしてるけど、最近見たい映画を見逃しがちで、
目黒シネマで上映最終日ということで
滑り込みで観に行った。

設定的にも、自分の身近な話な感じがして、
だからこそ大泉洋のような存在を
求める気持ちがとても分かるし、
松岡茉優のキャラクターが好きだなぁと
改めて思わせる、そんな映画。

とにもかくにも充実して面白かった。
-0.2★は、ちょっと難しくて私の頭が弱くて理解がついていけなかったところ、それも分かったらきっと面白いが大爆発して★5の意味で敢えて。
02ys14

02ys14の感想・評価

3.5
ちょいダレるとこもあったけど
コンゲームぽくて
面白かった
(´∀`)
けんち

けんちの感想・評価

3.5
大手出版社を舞台にした
いろんな思惑が混じり合う改革戦争。

派手さがあるわけではないが
上手く利用し合うやり方がリアルだし、
ハッと驚かされ観てて楽しい!

どの役者も存在感があって魅力的だった。
>|

あなたにおすすめの記事