SPL 狼たちの処刑台の作品情報・感想・評価

「SPL 狼たちの処刑台」に投稿された感想・評価

NO4

NO4の感想・評価

3.3
父ちゃんが娘といざこざあって、それを機に負の連鎖が続き、あれよあれよとトンデモない悲劇に…って、ホント観てらんないよ。自分もいつの間にやら3人の子を持つ身。感情移入するキャラも随分変わったな~と思うこともしばしば。父ちゃんがんばる系の作品は特に穏やかな気分では観れなくなっている。もちろん苦労しながら駆けずり回る父ちゃんを応援してしまうわけだから、本作はもう辛くてツラくて。
前作のように香港カンフーアクション満載のアッパー系の作品かと思いきやダウナー系でおもいっきりバッドトリップ。
そんな感じでしょうか。
パタヤビーチヘヨウコソー!!パタヤビーチで一人娘が臓器売買組織に誘拐されちゃった!!怒りのルイスクーパパがトニージャーと臓器売買組織を追う既視感たっぷりの内容となってます。てかパタヤビーチめっちゃ怖いやん!!もうタイとか行きたくなくなるやん!!もう笑う犬とか見て笑えなくなるやん!!

格闘アクションノワール映画SPLシリーズの3作目。話はわかりやすいしアクションも満載だしノワール要素もあるしバランスはシリーズで一番よいんじゃないでしょうか?ただアクションでは前作のが上だしノワールでは前々作のが上というなんだか特出したモノがないもったいなさが残ります。

そもそもこのジャケじゃルイスクーとトニージャーのW主演に見えちゃうじゃん!!トニージャー詐欺だよ!!名前すら載ってないウーユエさんに謝って!!アクションも十分すごいのにゲスト枠のくせにトニージャーのレベルがズバ抜けすぎてて他がそこそこに見えちゃうんだよね…トニージャーの罪は大きい…
SPLには!!😨!!となるアクションを求めているので満足出来ました。
100分しかないのにそれ以上の体感でした。さすがだぜ〜監督〜〜〜〜!!!


香港からタイに来ていた娘ウィンチーが行方不明になったと父親リーに連絡が来る。リー自ら地元警官と協力をしながらタイで捜査を行い、娘を探しているうちに少しずつ裏社会が見えてくるストーリー。
重く暗いけどストーリーとしては分かりやすいと思う。良くも悪くもそこが良いよね香港映画(゚∀゚)
無口なリーを演じたルイス・クーの男泣きにはグッとくるものがありました。
あの終わり方も私は好き。
今作の世界観を考えるとあの終わり方で良かったのではないかと思いますね。終わった後の喪失感というか無力感というか、そこはスゴイけど)^o^(!!


アクション映画なのでアクションに重きを置いて鑑賞しますけどアクションシーン最高でした〜〜〜〜〜〜〜〜🥺‼️
ルイスクーは雑魚たちの骨を曲げてはいけない方にばっかり曲げてたし(笑)ウーユエは今まで存じ上げてなかったのですが最高&最高の一言でした😌なにあの蹴り?😌意味分かんない😌😌😌
トニージャーの肘と膝は健在で回転率が上がってた気がするwwwあと攻撃に重さが加わった気がするんだけど〜🤔回転による遠心力と重たい攻撃って🤔🤔ありがとうございます(?)

私はチュイ演じるウーユエの蹴りが美しすぎて大変でした(艸д゚*)
市場?で雑魚2人捕まえた時にみせるあの蹴り!!!!!脚が綺麗に伸びすぎて、脚長ッッッッッッ!!ってなった(艸д゚*)💕
劇中で2〜3回見せてくれる空中回転蹴りは意味不明すぎて恋しそうだった←
武器持たせても(カッコよくて)あかんし、なんなんウーユエって( ◠‿◠ )

サモハン、ウージン、マックスチャンを相手にしているのを過去に観ていると今作は敵に物足りなさがちょっとあったかな。クリス・コリンズさんが有名なら大変失礼な事を言ってるが(←)シャサ、雑魚vsリー、チュイ、タクは物足りないだろ〜〜〜〜!!!!
1でウージンが演じてたみたいな不気味な敵キャラまた出てきてほしいなぁ😕



チュイの射撃下手くそすぎ問題が最後に起きるけど、あれはあえての威嚇射撃だと思っておこう...。
2019/3/17(日)DVDにて。

アクションは物凄いですが、救いなさ過ぎの脚本で気持ちが沈みました・・・。
吉岡里帆似の娘さんが可愛かったです☆

このレビューはネタバレを含みます

アクションすごいね。
ストーリーはもうちょっと。
しかしこの展開はきつい。
きつすぎる。

このレビューはネタバレを含みます

全く救いがない…あ、妊婦さんが助かったから、少しは救いがあったか…だけど!!

父親は仕方ないにしても、娘だけでも救って欲しかった。トニー・ジャーもまさかのリタイアだったし…

トニー・ジャーのアクションは相変わらずキレッキレで見ていてテンション上がる~

って優香、ラスボスはトニー・ジャーに一度負けてるからラスボス感があんまりなかったかも
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
15歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで何者かに誘拐される。 
連絡を受けた香港の警察官である父リー(ルイス・クー)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。 パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に自分も捜査に同行させてほしいと頼む。犯人一味は国家が裏で糸を引く臓器密売組織であることが判明。 警察内部にも一味がいることをつきとめ、リーとチュイはたった二人で組織に乗り込む。 
ドニー・イェン、サモ・ハン、ウー・ジン主演の「SPL狼よ静かに死ね」。ウー・ジン、トニー・ジャー、マックス・チャン主演「ドラゴン×マッハ」に続く「SPL」シリーズ第3作は、娘を拐われた野獣刑事ルイス・クーとパタヤ警察の刑事ウー・ユエが、人身売買組織に挑むという「96時間」の要素を含んだサスペンスノワール。捜査が進むに連れて明らかになるとあるVIPの存在、そして警察すら人身売買組織とつながりがあることによって引き起こされる疑心暗鬼のサスペンス、ウー・ユエ演じるチュイ刑事の警察への忠誠心とリーへの義の間で苦しむ葛藤は、まさにノワールなヒューマンドラマ。精肉工場でのクライマックスでは、アクション派ではないルイス・クーのリアルガチな格闘アクションが展開するし見応えはあるが、ラストはあまりに救いがないシリーズ第3作。
ちゃけ

ちゃけの感想・評価

3.2
ストーリーはありきたりだし、ラストの落ちも想定通りだったので少々物足りなかったかな。

やはりこのシリーズの見せ場はアクションなんだが、それも過去二作に劣る。
ルイス・クーの素人丸出しアクションに、どうも馴染めなかった…。

ノワールとして見方を変えればそこそこ良かったんだが、むむむーん?

SPL… 総合的には第一作目が完成度が高いので、第四弾があるならそれを越えてきてほしいなあ〜
好きなシリーズなので、期待してます!
前作は全く繋がりがないとはわかっていたが、やはり何となく期待してしまう。

前作も若干そうでしたが、アクションというよりも、バイオレンスに近いかな。ただ思ってたんと違うってなりました。

アクションはなかなかカッコいい。色んな状況での戦いに飽きることなく楽しめます。
>|