キナ

ファミリー☆ウォーズのキナのレビュー・感想・評価

ファミリー☆ウォーズ(2018年製作の映画)
4.0
めちゃくちゃな倫理観とブレブレのカメラワークに振り回されて少し酔ってしまった。
不快な気分になる場面も多々有り。それも込めて非常に楽しい作品だった。

祖父の認知症を切っ掛けに家族の歯車がどんどんズレ始め、日々のフラストレーションが溜まりに溜まって最後に大爆発。
どこに話の終着点を持ってくるのかとハラハラしながら観ていた前半から、後半の全速力のバトルロワイヤルのカタルシスが半端じゃない。
爆音の音楽に合わせて殺し合うミュージックビデオみたいだった。
お粗末なCGを使う反面、妙に凝った特殊メイクのゴア描写がとても好き。

哀れな人間もいればクズ人間もいて謎に理想論を語ったりおかしな宗教が出てきたり。
思ったより登場人物が多くカオスの極みなんだけど総じて頭おかしくてかなり笑えた。
「もしまだ席があるなら…」とや某メンバーの記者会見時の言葉を引用したメッセージに、改めて悪ふざけが過ぎてて良いなと思った。