tomomi

軽い男じゃないのよのtomomiのレビュー・感想・評価

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)
3.9
男女差別なにそれ??みたいな人はこの映画を観ればいいと思った。女性をひとりの人間としてではなく性的なシンボルとしてしか見ていない人って、まじでまじでまじでたくさんいる。
主人公が女性優位の世界に行ったあとの展開って、男女の役割がいまの社会(男性優位のもともとの世界)と同じだったら、なにも珍しくないありふれた話なんだよね。でも男女逆転してるからそれだけで不思議でおもしろく見えてしまう。
それに、最初はあれだけ女性軽視して好き放題ふるまってた主人公が、だんだん弱々しくなったり、恋愛映画で泣いたり、、女性らしさも男性らしさも結局はその社会で作られたものなんだなー

女性ならではの生きづらさってもちろんだけど男性は気付けないし、格差がある社会でずっと生きてきたから、そもそもそれが差別だってことに気付けてない女性も多いよね。
おもうところがいろいろある映画でした。