バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫2017年製作の映画)

Baahubali2-The Conclusion

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:167分

4.4

あらすじ

「バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫」に投稿された感想・評価

【字幕/映画館】
やばい。ただでさえしょうもない語彙量しか無いのに面白過ぎて語彙力なくなる。もうね、前作でお腹いっぱいになってたのに満腹中枢壊れたんじゃないかっていうくらいお腹パンパンまで満足した!

いやあ何も言えねえ。本当に最初から最後までずっと面白かった。

あーカッタッパ好きになり過ぎて困る。是非前作を見てから今作を見て欲しい。「何故なのカッタッパ…。」から「カッタッパぁ…。」ってなるから。多分なるから。
憧花火

憧花火の感想・評価

4.1
映画を体験するって正にこれ。
壮大なテーマパークに行ってきたような感覚。
映画館で観れてよかった!

圧倒的に強く、迷いのない正義感。
この映画あんまり…っていう男性のことはちょっと信用できないかも。
2018.12.12.(Wed) 新宿ピカデリー
神の存在や両親の力を強く肯定しつつ、それでも一番大切なのは個々人の強い力と精神なんだというメッセージを、アホみたいに壮大なスケールとわかりやすいCGで堂々と魅せてくれた。
こんなん面白いに決まってるやろ。
Netflixが長い時間だったので、訳分からずこちらに。
終わってしまった…終わるのが嫌で途中で止めて伝説誕生をまた観て、やっぱり止めて、やっと鑑賞し終わった、久し振りの作品。
アヴァンティカ好きなのに出番が少ないとか、シヴァガミ母ちゃんの眼力凄いとか、カッタッパとバーフの
「ヘッヘヘヘすいません家の甥が」
みたいなのとか、暴君兄者がカッコいいとか、なぜ人は恋に落ちるとポエマーになるのか?とか、クマラーー!!!!とか、デーヴァセーナの強さ恐るべしとか、ヤシの木の使い方や、木で寝る漢とか、人間ダンゴ虫が空を飛ぶとか、もっともっと色々あるけど、どーでもいい!本当にどうでもいい。
どうでもいいけど、こっちに帰ってくるの長い! 
でも、それすらも今はどうでもいい。
バーフバリ万歳!!! ありがとう!バーフバリ! 
ジーク・ジオン並みにバーフバリ!!!!!
バーフバリー1から話を引き継いだ完結編。インド映画ならではのエグさというものがあるけれど、全体的に楽しめました。
名無し

名無しの感想・評価

5.0
劇場にて視聴。
すでに通常版をゲオでレンタルして観てたけど、映画館で観るバーフバリ最高すぎた。
初めて観た時よりも、大画面アンド大音量のバーフの迫力に圧倒され心震えた。

あのお気に入りのシーンはまだかな?と思ったらすぐ来る。そして次のあのシーンはいつかな?と楽しみにしてたら、またすぐ来た。つまり端から端まで面白い。無駄なシーンがない。
特にクンタラ王国での一連の流れ。完全版で追加されたシーンも込みで素晴らしかった。デーヴァセーナの美しい踊り、見栄っ張りで弱いけど憎めないクマラの成長、カッタッパのお茶目さ、そして何よりバーフの格好良さ、全てが凝縮された圧倒的シーンを観てしばらく放心状態になった。

残念ながら完全版でも僕の好きな女戦士アヴァンティカの活躍はなかったけど、アマレンドラがマヒシュマティの王子であることバラした時のカッタッパの物凄いドヤ顔が大画面で観れたので満足。
3回目、爆音映画祭で観てきます。
加わったダンスシーンの歌詞でデーヴァセーナが恋に落ちる心の動きが解って良かった。(このシーンの無い通常版だとこの流れが急だったので)
>|