Qちゃん

翔んで埼玉のQちゃんのレビュー・感想・評価

翔んで埼玉(2018年製作の映画)
4.2
埼玉県の映画なので、ユナイテッドシネマ浦和にて鑑賞😊
いやぁ~、大爆笑の連続映画だった。満員の映画館で皆で笑うのはイイもの。
冒頭に「実在の人名・団体、特に【地名】とは全く関係ありません」という注意書きが表記されるものの、埼玉県をディスリ、千葉県や茨城県もついでにディスリ、……というディスリ合戦がそのうち埼玉vs千葉の構図になったりして、観ていて飽きることない物語だった。

物語は、現在(埼玉県)熊谷に住んでいる家族が娘の結婚のために車で移動するのだが、夫は埼玉出身、妻(麻生久美子)は千葉出身の設定で険悪ムードになったところ、ラジオをつけると「昔々、埼玉県民は東京都内に入るのには通行手形が必要だった。そして……」と埼玉ディスリ物語は過去物語として語られる。
なお、そのラジオはNACK5(ナック・ファイブ)という放送局が放送しているのだが、この放送局を知っているのは埼玉に近い観客しか分からないのではないか……などと思って観ていた。

過去のディスリ合戦としたあたりが、現代観ても不快にならずに観られた要因だったと思う。

埼玉の「しらこばと」をイメージした埼玉ポーズもグッド!
その埼玉ポーズをしている多数有名人ショットの中に、浦和レッズの槙野選手が居たのは個人的にはツボ(笑)

ただ、鑑賞後振返ってみると、この映画、「関東圏に在住、もしくは詳しい方向け」という気がして、関東近辺のローカル地名が多数出て来るので、日本全国で笑える映画か?というという疑問は残った。
(※個人的には面白かったが…)

<映倫No.121554>