パエリア太郎

翔んで埼玉のパエリア太郎のレビュー・感想・評価

翔んで埼玉(2018年製作の映画)
4.5
僕は埼玉、千葉、東京と全てにそれなりに住んでいたので、より楽しく見れた贅沢な立場かもしれません!!

差別ってイケてないよね、優位に立ちたい争いって滑稽だよね、誰かを虐げて私腹を肥やす管理システムって死んで欲しいよね!という、グゥの音もでない正論を、おもしろおかしくテンポよく、そしてイメージしやすい題材でやってのけるって凄いと思いました。

近々にみたものだから、アベンジャーズに出来なかったことが埼玉にはできているじゃんとすら思いました。

欲をいえば、せっかく雑かつテンポ良い話なのに最後がダラダラ長くて嫌だなって思ったのと、そんなにハッキリと綺麗事やテーマを云わせないトーンのままのほうが上品だなと思いました!
そして、こんなこと書くのはダサいし、分かってる風で鼻持ちならないのは承知ですか、こんな志高い映画を 茶番 という謳い文句で、そうじゃないとプロモーションできないって悲しいじゃないかって思いました。

あと、島崎遥香さんしか出来ないんじゃないかってくらいに思わせる役が素晴らしいと思いました!!