butasu

翔んで埼玉のbutasuのレビュー・感想・評価

翔んで埼玉(2018年製作の映画)
1.5
前半の池袋のシーンくらいまではまだ楽しんで見ることができた。そのあたりから本格的に物語が動き出すのだが、その動き出す物語が死ぬほどつまらない。序盤の学園シーンのようなギャグをずっと見られるのかと期待していたが、若干面白かったのは出身有名人対決のシーンのみで、あとはひたすら退屈なお遊戯会を見せられるだけ。本来ギャグであれば一向に気にならないストーリーラインの粗が目立つようになり、「何を見せられているんだ…?」「早く終わらないかな…」という気持ちでいっぱいになる。ネタがわからないからつまらないとかではなく、単純につまらなかった(自分は関東人)。テンポも最悪。
結局扱っているモチーフ(埼玉いじり)が面白いだけで、映画としては非常にお粗末。コメディだから適当に作れば良いと思っているんだろうが、それは大間違い。真面目にクオリティ高いものを作るからこそ面白いのである。俳優やロケ地も全然埼玉と関係ないらしいし、扱うモチーフへの愛も感じられない。ただ普段映画を観ない女性向けに作られたような作品にここまで要求するのは違うのだろうし、観た自分が悪かったのであろう。