いちこ

翔んで埼玉のいちこのレビュー・感想・評価

翔んで埼玉(2018年製作の映画)
3.8
埼玉ディスが多いものの、それ以上に愛がなければできない表現演出あってか、全然イヤな感じがしない。対象への愛やリスペクトは、受け手に伝わるものなんだな。

「埼玉県人」とか、下手したら(しなくても)差別なのに、むしろ埼玉県人になりたい自分がいた。わたしも「さいたまポーズ」したかったし、埼玉あるあるで一緒に笑いたかった。

エンドロールも含め、埼玉の映画館で巻き起こる爆笑を思い浮かべて、いいなーって思うくらい、埼玉県人がうらやましくなってしまう映画だった。

個人的には、さりげなく出ていたジャガーさんがツボ。