翔んで埼玉の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

上映館(1館)

翔んで埼玉2018年製作の映画)

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

「翔んで埼玉」に投稿された感想・評価

CHASU

CHASUの感想・評価

3.2
驚くほどくだらなかった。
けれど、有名俳優陣の振り切った演技が一周まわって面白かった笑
終始、いやいやGacktさまはなにをしてるんだ、という笑
小倉優子!弱いっ!!!!笑
やか

やかの感想・評価

3.8
なかなか面白かった
父親に勧められて
tuna

tunaの感想・評価

3.6
埼玉をめちゃくちゃディスってるけど本当は心から愛してるんだなって伝わりました。全体的にテンションが面白い。
実にクダラナイ笑えるストーリー。
中学生向け。
でも今の俺にとっては清涼の一服でした。
Growltiger

Growltigerの感想・評価

3.7
実にバカバカしい!
だけどここまで来ると逆に気持ち良くなってくる。
埼玉だけでなく千葉、茨城の扱いも中々。群馬に至っては...(笑)

映画としては何よりGACKTが良い味をだしている。
普通のイケメン俳優には無いオーラと言うか、ミステリアスな感じと存在感が役を引き立てていた。


正直に申しますと、私生まれも育ちも埼玉です。
この映画で描かれていることは誇張されたほぼ事実なので、もはや取り上げて頂いてありがとうございますってレベル。
地元ネタ過ぎて他県の方が観てどう感じたかが気になる。

1つ言えるのは、地味だけど何だかんだ暮らしやすいのが埼玉です。
埼玉の“誇り”....は無いが、大きな大きな“愛”はある!

埼玉万歳!!埼玉万歳!!埼玉万歳!!


そして私は今日も“東京”で暮らすのであった。
前評判が高かったので、少々期待してしまったけど、結局面白かったのは冒頭の学園での話だけだった。千葉埼玉の確執が絡み始めてからが安っぽい展開になって眠気と戦うのに大変だった。原作ファンでないと楽しめないものを観る方いけないのだろう。時間がもったいない。以後くれぐれも気をつけたい。
ルン

ルンの感想・評価

-
同質社会の危うさよ
くだらないけど笑える映画を観たくて調べたら、去年話題になっていたけど映画館までいって1900円払うのはなぁ…
ってことで観てなかったけど、やっぱり気になっていたので深夜に鑑賞。

想像通り本当にくだらなかった。
ただ、みんな振り切っててそのおかげで、最高に面白かったです。

それに有名な女優さん俳優さんばかり出ていて、ここ最近見た邦画で1番豪華だったんじゃない?ってくらい。
凄い。名優の無駄遣いとはこのことよ。

あと、ちょこちょこはさむBLに何度か笑いました。
そうだよね、二階堂ふみちゃん男の子の役って考えたら、確かにBLだよね。

あ、でも、千葉の人と埼玉の人って実際ちょっと敵対視してますよね。
私の友達の埼玉県民は、千葉には勝ってる!と言っていて、千葉県民の友達は、埼玉には勝ってる!と言っていたので、それも相まって笑ってしまった。

そして、エンディングに流れる曲が完璧。
頭に残る曲調だし、歌詞が最高に面白い。
エンディングでこんなに笑ったの初めてでした。
はなわさん流石です。

いやー、東京生まれ東京育ちの私からすると、郷土愛をここまで持っている埼玉県民、千葉県民の皆さんが本当に凄い。
私も東京愛を強く持とうと、ちょっと思えました。
ありがとう、埼玉。