くう

バーニング 劇場版のくうのレビュー・感想・評価

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)
3.8
原作をイ・チャンドン監督の解釈で噛み砕いたらこうなったというラスト。

前半・村上春樹、後半・東野圭吾の趣。

真実はどうなのか、それでいいのかと考える余韻のある作品。ある意味、原作よりモヤモヤ。

個人的には「合っていた」。得体の知れないものは消したい…