funknasakana

バーニング 劇場版のfunknasakanaのネタバレレビュー・内容・結末

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

上質なミステリーであり、
何より普遍的な寓話であり、
でも物語論として受け止めた。。

彼女が消えた理由をベンという物質主義、格差に押しつけたいが、何一つ証拠が無いことを主人公は分かっている。
そして終盤ついに物語を書き始める。
それは、ベンが”真犯人”ではないことを認め、自分の醜さや弱さと向き合うこと。

人にとって「物語」は生きる術で、
現実に直接影響を与えるような力はないけど、その想像力は時に次元を食い破り、己の弱さと対峙させる。

つまり私も「物語を書き始める」シーンから先は主人公が描く物語内の世界だと信じたい。
村上春樹にとっての「猫」も正しく描かれている気がする…