qudan

バーニング 劇場版のqudanのレビュー・感想・評価

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)
3.5
えらく文学的な香りがするなと思ったら、原作は村上春樹なのか。

映画の文法ではなく小説の文法で作られている作品。
劇的なターニングポイントを用意せず、劣情や嫉妬や居心地の悪さなど主人公の心のゆらぎを丁寧に描いている。その描き方のマジ感がとても良い。

映画としては地味なのだけど、シーンをつなぐテンポが良く退屈せず観ることができる。
小説の文法で作られていると言ったけど、そういう点はとても作りの上手い映画でもある。