私は、マリア・カラスの作品情報・感想・評価

上映館(8館)

「私は、マリア・カラス」に投稿された感想・評価

みゆき

みゆきの感想・評価

3.5
普通のドキュメンタリーなんだけど、マリア・カラスの美しさと歌唱だけで満足。
小一郎

小一郎の感想・評価

3.5
私でも名前くらいは知っている超有名オペラ歌手、マリア・カラスの人生を、本人の「歌」と「言葉」のみで綴るドキュメンタリー。

TOHOシネマズのフリーパスでたくさん観なければと欲に負けていたこともあって、集中力がかなり低めになってしまったこともあるけれど、やはりオペラが好きな方とか、マリア・カラスのファン向けじゃないかな。彼女の歌声を聴いたことのない自分には、「何事も経験」の域を出なかった。

マリア・カラスは周囲と衝突しながらも、自分の気持ちに真っすぐに生きた女性なのかな。その過程で成長、成熟していく、みたいな。

結構波乱万丈な感じの人生で、物語にしたら面白そう。それにしても、素材を丹念に集め編集して映画をつくるって、監督が引き込まれるマリア・カラスの魅力ってどんなものなのだろう。ちょっと興味あるかも。

●物語:3.0
・オペラを知らない自分にはハードル高め。

●他 :4.0
・マリア・カラス本人に語らせたいからと、素材を集め、編集だけでつくるという情熱は素晴らしい。
hb

hbの感想・評価

5.0
名前だけしか知らなかったけど、この映画観て好きになりました。
本当に素晴らしい才能⭐️


私には冷静と忍耐が備わっている。あとは時間が解決してくれるって言葉が心に響きました。

オナシスとは本当に愛し合っていたんだね😭
しか

しかの感想・評価

-
2/14 シャンテ 2回目
まさに天上の歌声……!

正直、オペラって苦手なんです(笑)
絶対途中で寝オチすると思ってたんだけど、
うっとり聴き惚れちゃってあっという間でした♪
ryo

ryoの感想・評価

2.6
母にお付き合いして鑑賞。

歌姫ドキュメンタリー…歌声は素晴らしいんだけど案の定すこしウトウトしてしまった…

強く正直な女性だなぁという印象…。
なんて飾り立てのない、率直な言葉。秘蔵映像、親しい友人への手紙、未完の自伝からの引用などなど。

9年間愛し続けていた富豪のオナシスが、何の知らせもなしにジャクリーン・ケネディと結婚したときのマリア。「あの2人は、報いを受けるわ」後々、オナシスが自分のところに戻ってくると「そんなに恨んでもないの」この矛盾が、人間らしさだよね。
dita

ditaの感想・評価

3.0
@塚口サンサン劇場   

O mio babbino caro に震えた!舞台も私生活も、その一瞬に全身全霊を掛けた女性という印象。感情表現の豊かさが聴く人を魅了するというのがよくわかった。逆に言えば演技力が長けているからこそマリアとしての孤独から逃れられなかったのかなと。

エイミーと重なる部分があったのはあのアイラインが理由だけじゃなくて、二人ともこんなに歌が好きなのに、世の中の人にこんなにたくさんのものを与えているのに、ギブアンドテイクが上手くいかないんだろうと思ったから。こういういわゆる歌姫と呼ばれる人たちのドキュメンタリーを観ると、竹内まりやの生き方って奇跡なんじゃないかといつも思う。
●'19 2/16〜3/1単館公開
(首都圏等: '18 12/21〜公開)
配給: ギャガ
ワイド(ビスタ)
音声仕様表示無し
3/4 15:00〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ売り切れ
やつち

やつちの感想・評価

3.0
Facebookで絶賛している人が居たので見に行きました。
歌声は素晴らしく、最後のプッチーニのアリアは好きな曲ばかりだったので引き込まれました。
終わった後、号泣していた女性がいましたが、そこまでグッとくるものはなかつたかな?
>|