とえ

COLD WAR あの歌、2つの心のとえのレビュー・感想・評価

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)
4.0
これはとても切ない映画だった

冷戦時代のポーランドで出会ったピアニストのヴィクトルと、歌手志望のズーラの愛の物語

この話は、監督のご両親の話が元になっているそう

そのヴィクトルとズーラは恋に落ちるが、その後、彼らには様々な困難が待ち受ける

その2人の姿を通して、冷戦下のポーランドの社会事情が見えてくる

東側の事情は、西側の国からしたら、よく理解できない部分があるけれど、彼らの恋を通して見ることで、より現実的に感じることができた

恋愛は多くの人にとって経験のある感情だからだ

彼らに感情移入して観ていると、ピアニスト志望のヴィクトルが音楽を求めて西側へ行くことも、そのヴィクトルに誘われて戸惑うズーラの気持ちも、愛するズーラのために命をかけるヴィクトルの気持ちも、とても理解できるのだ

民主主義の国に生まれていれば、そのまま一緒にいられた2人の恋も、国が違うだけで、複雑になり、命をかけるまでになってしまうなんて

そして、そんな2人の恋を演出する音楽がとても素晴らしい

その歌声は、過酷な時代に翻弄された恋を見事に表現して、心に突き刺さる

そして、映画を見終わった後も、しばらく耳に残り続けた

冷戦のことがよくわからないという人でも、彼らの恋を観ているだけで、当時のソ連がポーランドにかけていた圧力や、自由に恋愛することすら難しかった時代を感じとることができる

画面はモノクロだけど、色がないことを感じさせないぐらい、イキイキと輝いている

映像も、音楽も、彼らの恋も、その全てが美しい映画だった