umi

ブラック・クランズマンのumiのレビュー・感想・評価

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)
4.0

ノリよく見せてくれるぶん、ラストで急に頭を殴られた様な気分になった。過去を基にしたこの映画を見ながら、昔と比べて私たちは人種・宗教に随分寛容になったんだなぁなんて思っていたら大間違いだった。結局何も変わっていない。それを知らずに変わっていると思っていることは一つの罪である様な気がして悶々としながら映画館を後にした。きっとスパイク・リーの狙い通り。

MVは置いておいて、彼の映画は他にDo the right thingしか見ていないので、あれこの人最近はこんなにきちんと撮る感じなんだ?と思った。カメラワークも編集も割とスタンダードだった。ともかく、正直字幕付きでまた見たいです。