smatsunaga

ブラック・クランズマンのsmatsunagaのレビュー・感想・評価

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)
3.6
危なっかしいテーマだなとは思いつつ、エンターテインメント作品としての面白さと、描写を通じてのポリティカルな主張の強さ、その二軸を強く感じた。

前者ありきで後者をスッと大衆へ印象づける強みはありつつも、後者のせいで前者の魅力が殺されているところもあると思った。

作品を決定づけるシーン(というか断片)はやはりクライマックスかなと思うのだけれども、これに関しては賛否両論あるかと。

個人的には面白かった、けどなぁ…
というのが正直な感じ。