フーン国防相

ブラック・クランズマンのフーン国防相のレビュー・感想・評価

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)
4.2
人種差別の映画ですが、
テンポも良く、ストーリーも楽しめた(゚∀゚)
やはり黒人というだけで白人警官は無理やり押さえつけたり、話を聞こうとしません。
お互いが憎み合ってるから、話し合いとか出来ないんでしょうね(-_-;)

監督はスパイク・リー
主演はジョン・デヴィッド・ワシントン

コロラドスプリングス初の黒人警察官ロンの任務は潜入捜査でした。KKKメンバーのフェリックスがプリズン・ブレイクのティーバッグ(ロバート・ネッパー)に見えた(;´Д`)
そして白人と黒人の発音の違いがあったり(are の発音とか)

今のこの状況を急に変えることは出来ないから、少しずつ変えれるところから始めて行かないとですね。そして自分中心ではなく他人を思いやる心が大事ですね。(๑•̀ㅂ•́)و✧