Zhivago

ブラック・クランズマンのZhivagoのレビュー・感想・評価

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)
4.3
KKKの世界といわれても実感はわかない。とはいえ、映画には「怒り・憤り」という要素は大事だと考える私には、好きなタイプの作品。
怒り・憤りをストレートに表現する作品は最近よくあるけれど、本作はそうした要素を上手に喜劇に組み込んでいる。かといって、妙に変化球であったり、斜に構えているわけではなくて、基本はしっかり直球勝負だったりする。
感情の要素が多様なのにうまく融合されていてうまく束になっている。
そんな印象。
スパイクリーだからこそできる職人芸とでも言おうか。
ライアン・エッゴールドがカッコいい。ブラックリストで魅せた、善人なんだろうが悪人かもしれない的な微妙な佇まいが本作でもなんとも魅力的でもっと観たいと思った。