ブラック・クランズマンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

ブラック・クランズマン2018年製作の映画)

BlacKkKlansman

上映日:2019年03月22日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「ブラック・クランズマン」に投稿された感想・評価

白人黒人の差別問題だけでなくユダヤ人、宗教の細かな背景などが混ざっており、一部しか理解できなかった。勉強しないと。。
いや、バレるやろ!そんな囮捜査!って思えて全然実話とは信じれない。

コミカルっぽくしたり、"映画"って感じのエンタメっぽいシーンを入れたり、見やすく工夫されていた。
なぜそんな風にするかと言うと、現実に起こっていた、起こっている問題はラストの実写映像のように目を覆いたくなるものだから。と監督が言ってるように感じた。
強烈な差別を描いた映画だけど
直接的な醜い暴力描写が少ないから見やすい
奥さんに爆弾はあかん。

Don’t be racist
EDM

EDMの感想・評価

3.5
後半がなかなかしんどかった…映画自体はハッピーエンドだけど、最後の最後の突きつけられる圧倒的現実に心が折られながら終わってしまう。
nuts

nutsの感想・評価

3.8
自分の無知さを知った
YDK

YDKの感想・評価

4.0
記録
ayuka

ayukaの感想・評価

-
スコアが素晴らしかったです。これぞ映画だよ!っていうような壮大な音楽がバックに流れてます。
脚本もよくできてて、ハラハラドキドキと飽きさせない。
最後の映像で涙がボロッボロと出てきた。悲しいとかなんとかではなく心臓にいきなりナイフを刺されて反射で涙出てきた感じ。ううう。
ドライバー氏が言ったように、他人に指摘されるほどアイデンティティを意識する。個々のアイデンティティに、良い意味で無意識でいられる社会にいたいよね。
実話とはいえフィクションとして描かれる物語パートが勧善懲悪的に結末してからの、現代における実際の映像パート(トランプ就任、デモ隊?を轢き殺していく暴走車など)には「いま観たことは作り話や過去の話ではない、この瞬間にも現実に起きていると思い知れ」と言われたような、背後から頭を殴られたような衝撃があった。
oikawa

oikawaの感想・評価

3.0
面白さの三分の一も自分にはわからんかったのだろうな…って映画。