ブラック・クランズマンの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラック・クランズマン2018年製作の映画)

BlacKkKlansman

上映日:2019年03月22日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「ブラック・クランズマン」に投稿された感想・評価

公開時から現在の時世への変化を鑑みるにさらにも増して皮肉にも感じるような映画だった。
ラストに俺たちに明日はないのようなシーンがあったがこの認識は正しいのかはわからない。
難しいといった感想がよく似合う。
ハヅキ

ハヅキの感想・評価

3.3
ほとんどノンフィクションかつ社会問題の実情を知るという意味では、2020年にもなった今もこんなことがあるんだと驚く意義のある映画だった。
ストーリー性が重視されていないのはともかく、ちょっと詰めが甘い部分が多すぎて少し低めの評価に。
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
白人を装いKKK団に潜入した黒人刑事の実話。白人刑事とタッグを組み、黒人英語と白人英語を使い分け、巧みな話術で団体の有力者にも近づいていくのが面白かった。
(KKKの映画ではミシシッピバーニングがおすすめです!)
スパイク・リーの映画と気づかず見ていたけど、音楽がかっこいいし、キャラクターが人間的な魅力があり、エネルギッシュ!
人種問題を扱った映画ながら、悲壮感はなく見られます!

大統領選挙まであと少し。この4年間、果たして何度米国内の暴動やデモのニュースを見ただろう。候補者同士が罵り合いをしていてもはやグレートなアメリカはどこへ行ったのかと呆れ果ててしまうけど、アメリカ国民の皆さんはどんな決断をするのでしょうね。
スパイク・リー監督の切れ味溢れる一作。
人種差別やKKKを登場させ、潜入捜査をする作品だが、同じ地域や国に住んでいても人間同士仲良くもなれば軋轢もやはりある。米国など日本以外の国では顕著に表れるのは今も昔も変わらない。
鋭利すぎるナイフのような作品だった。
曲も良い入り方だが、やはり最後のリアルな映像がものかダリとの関連性やタイムリーな話題ということもありとても刺さった。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

4.5
黒人がKKKに潜入捜査!?というあり得ない実話をベースにしたお話。

とはいえ、電話担当は黒人(D・ワシントンの息子)、潜入捜査は白人(A・ドライバー)と、そりゃそうやろな、という役割分担です。

KKKを間抜けに描いたコメディタッチの映画なので、キツめの題材にしては愉快に観られました、と思ったら、最後に監督からの爆弾が。。。

映画自体いびつになってしまう内容ですが、言わざるを得なかったんやろうな、と。最近はよりひどい方向にいってる感じやし(-_-;
Yohei

Yoheiの感想・評価

4.3
アダムドライバーでてるから前々から気になっててやっと見れた!
面白いし、知っとくべき事実。

ジョンデビッドワシントン、今作はアフロでTENETと全然雰囲気違かった。

内容としては、70sの黒人差別・KKKが主な主題で、残酷な歴史をわかりやすく、映画としてコメディに面白くやってた。

ただ、ラストにかけて、めでたしめでたしでは終わらず、現実は、、、っていうのをすごく考えさせられた。

このレビューはネタバレを含みます

いやー面白かった。コミカルなシーンも多いが、ゾクゾクヒヤヒヤさせるシーンもありと、落差があり非常に楽しめた。
パール

パールの感想・評価

3.5
アダムドライバーも好きだし、テネットを観てジョン・デビット・ワシントンが出ている映画が観たくて鑑賞。

実話を元に作っていて、かなり深い人種差別の問題を取り上げていて、全然笑えなかった。怖すぎる。

ラストの現実の映像が流れてきて、差別がまだまだ存在していることにゾッとする。 
とてもわかりやすいいい映画。
最後の国旗が考えさせられます
春賀

春賀の感想・評価

3.5
もっとハイテンションな作品かと思ったら、落ち着いていて真面目な作品でした。
ところどころの台詞が今の現実と重ね合わせるとハッとさせられるような内容で、監督の強い訴えを感じました。

主人公のロンの性格が良くて好きですし、相棒のフィリップが潜入のためにユダヤを否定することで自分がユダヤ人だという自覚を強めて行くというのも説得力があって好きです。

ただこの作品をもっと理解しようとすると社会情勢や差別のことをちゃんと知っておかないといけなかったので、もう少し関心持たないとなあと反省してます。
>|