penguinwhipper

存在のない子供たちのpenguinwhipperのレビュー・感想・評価

存在のない子供たち(2018年製作の映画)
5.0
最速試写会にて鑑賞。
…打ちのめされてしまった。自分達が生きてる日常とは違う日常を生きてる人達は必ずいて
両親に向かって「世話出来ないなら産むな」っていう主人公12歳のゼインの台詞が全てを物語っていると感じた。鑑賞後に世界の色が変わってしまう作品だった。号泣した。
自分の妹を守れなくて涙するゼインを誰が責められるだろう、自分を養ってくれた女性の子供を守れなくて泣く彼を誰が守ってくれるのだろう。「僕を産んだ罪」で両親を訴えるゼインの気持ちが辛い。これはおそらく世界の現実の一部分だ。

この作品は本当に本当に一人でも多くの人に観て欲しい。いろんな事に気付いたり今の環境に感謝したり疑問を持ったりする映画だと思う。とても打ちのめされるけど、素晴らしい映画だ。"観れてよかった"なんて言葉では片付けられないぐらいのものをこの映画から受け取った。