しも

存在のない子供たちのしものレビュー・感想・評価

存在のない子供たち(2018年製作の映画)
3.8
打ちのめされた。
エンドロールが流れる中、自分の思考をどこに向ければいいのか考えていた。自分にできることはないのか?いや、違う。子供の貧困問題について勉強する?違う…
答えは見つからず、重い問題を抱えながら映画館を後にした。
ゼインは一生懸命生きている。そしてゼインには愛がある。
日本人で戸籍があって、ごはんも食べられる自分が言えるのはこれだけ…かも。