Toru

存在のない子供たちのToruのレビュー・感想・評価

存在のない子供たち(2018年製作の映画)
4.3
これが現実だということ。
生きていく上で仕方のないことなのか。
環境がそうさせるのか。
ゼインの家族とヨナスの母親との子供に対する接し方が対照的なのが心に響く。

映画であることを忘れるくらい作品に引き込まれた。