mzk

ドッグマンのmzkのレビュー・感想・評価

ドッグマン(2018年製作の映画)
-
不条理な映画は好きなのだが、個人的には笑いのエッセンスが混じる方が好みだ(『聖なる鹿殺し』や『私が、生きる肌』などの雰囲気が大好きなのだ)。この映画はダウナー、苛々、無情という感じだった。ラストシーンの虚無感を際立たせる、町の景観が素晴らしかった。何も残らない。どうにもならない。