ドッグマン(原題)の作品情報・感想・評価

ドッグマン(原題)2018年製作の映画)

Dogman

製作国:

上映時間:120分

3.9

「ドッグマン(原題)」に投稿された感想・評価

filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】全編汚い感じに号泣
yuripeso

yuripesoの感想・評価

4.5
最初から最後まで超絶辛かった。染み渡るような辛さと暴力、だけど悲劇的ではない。全てが日常の延長線上にあるような感じを凄くさせられた、虚構とリアルとのバランスの良さ。

始まり方が最高。油断してたのでびっくりしたけど、隣のドイツ人はケツから飛び上がっていてそれもまた良き。映画が始まる瞬間をお楽しみに。その後はどんどん辛くなるのみですが。

全体的に演技の質の高さが半端ない。犬たちとマルチェッロのやり取り、目の動きや猫背の具合、全てが語り過ぎていてとりあえずマルチェッロ役の俳優さんやばい。他のキャストも自然過ぎて本当にこうやって何十年も生きてきたんじゃないかと。あと出演する犬全員にパルムドック賞をあげたい。

ベッロ、ベッロ、アモーレ、と犬たちや娘にかかるマルチェッロの声がすごい身体に染み入って、これが体感できる環境か否かで映画の印象がかなり変わる気がしたので、劇場で、もしくはいいスピーカーとでの鑑賞をお勧めしたい。
gqgq69

gqgq69の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

圧倒された2時間だったのですが、あとで考えてみると、ストーリー的には何もないと言える。田舎の札付きチンピラに振り回され、それに逆らえないプッシャーが、金の切れ目が縁の切れ目で、逆ギレしてそいつをぶっ殺して自己開放されるが、掟破りのアウトサイダー的なヒーロー感もないし、最後まで救いのない映画、というか、サイコパスな主人公につい同情してしまうように見せかけている恐ろしい映画かもしれません。
伊語全く分からないのに伊語音声字幕なしで観てきました。
細かいところは分からなかったけど、大体のストーリーは理解できたかな。といったところです。
言葉は分からなくても顔や声の表情から心情を読み取りやすい映画でした。
内容についても前知識ゼロで行きましたが、ジャンルはクライム。
ちゃんと日本語字幕で観て理解するまでは評価は付けないでおきますが、主人公の心理や変化、人間らしさを描いた良作だったと思います。
カンヌが好きそうな映画。
カメラアングルが個人的に好みです。
日本でも公開されて欲しい!

このレビューはネタバレを含みます

主演本当にいい人だし、なんとも言えないスネ夫感が好き。情けない。
そして最後の顔!!顔っ!!!!