ドッグマンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 88ページ目

「ドッグマン」に投稿された感想・評価

イタリア映画祭にて。

去年9月に見逃して以来待ってたよ。やっと日本で観れた。
「リアリティ」「五日物語」がツボっちゃったので新作待ち遠しかったわ。その2つとは全く違うが期待通りのやつ。

ワンコとトリミング師の話…なワケないじゃん。小心者のおっさんが、理不尽なことに巻き込まれるヤツだけど、少しずつ斜めを行く話に展開読めず、ヨシっ!と思ったらアレ!?っていうのらりくらり感がたまらない。バイオレンス描写もなかなか、キャスティングがまたしてもゼツミョーに良い。

日本版ポスター、このデザインにしたのは正解だと思う。(海外版デザインはけっこう重要シーンが)
マルチェロ・フォンテはカンヌ主演男優賞、ワンコにはパルムドッグ賞👏👏 「プッシャー」からスタイリッシュさを抜いて奇妙さプラスしたような雰囲気もあるね。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.2
とてもさわやかな映画です。
ウソです。

『Gomorra』好きな人は
見ると良いと思います。
Pinewood

Pinewoodの感想・評価

2.5
「ゴモラ」「リアリティ」(しか観てませんが)見応えあるけど後味悪いガローネ監督作品。正直苦手なんだけど気になるわなー、悩んだ末にイタリア映画祭へ。
本作は前記作品にわをかけた後味悪さ、でも作品に引き込まれた。 不器用な小悪党がズルズルと落ちてゆく様子を傍観するかの視点。乾坤一擲の大勝負?も予想どうりというか…
昨年カンヌ主演男優賞は納得。
ガッローネ色凄い。終始不穏な町の空と風景。犬に対しての愛情たっぷりな男が追い詰められたら何をするか。ひゃー、面白かった。犬好き見ても大丈夫なやつです。

「いつだってやめられる」コレッティの上司の人が出てた。

登場する犬の名前で面白いのがあって、思わず笑っちゃったんだけど、私の両隣は静かだった。同じ名前の登場人物が出てくる映画みたことないのかな?
Lalka

Lalkaの感想・評価

3.0
他作品観てないから比較はできないが、どれだけとんでもないことになってるのかと思ったら割と普通だった。
umi

umiの感想・評価

5.0

パフォーマンスが素晴らしかったのと、撮影地がドツボ。日本でやらないのかな?日本人好きだと思うんだけど。
大鳥涙

大鳥涙の感想・評価

3.5
On the sky in LH air.
Violence with sharp photos.
yuripeso

yuripesoの感想・評価

4.5
最初から最後まで超絶辛かった。染み渡るような辛さと暴力、だけど悲劇的ではない。全てが日常の延長線上にあるような感じを凄くさせられた、虚構とリアルとのバランスの良さ。

始まり方が最高。油断してたのでびっくりしたけど、隣のドイツ人はケツから飛び上がっていてそれもまた良き。映画が始まる瞬間をお楽しみに。その後はどんどん辛くなるのみですが。

全体的に演技の質の高さが半端ない。犬たちとマルチェッロのやり取り、目の動きや猫背の具合、全てが語り過ぎていてとりあえずマルチェッロ役の俳優さんやばい。他のキャストも自然過ぎて本当にこうやって何十年も生きてきたんじゃないかと。あと出演する犬全員にパルムドック賞をあげたい。

ベッロ、ベッロ、アモーレ、と犬たちや娘にかかるマルチェッロの声がすごい身体に染み入って、これが体感できる環境か否かで映画の印象がかなり変わる気がしたので、劇場で、もしくはいいスピーカーとでの鑑賞をお勧めしたい。
gqgq69

gqgq69の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

圧倒された2時間だったのですが、あとで考えてみると、ストーリー的には何もないと言える。田舎の札付きチンピラに振り回され、それに逆らえないプッシャーが、金の切れ目が縁の切れ目で、逆ギレしてそいつをぶっ殺して自己開放されるが、掟破りのアウトサイダー的なヒーロー感もないし、最後まで救いのない映画、というか、サイコパスな主人公につい同情してしまうように見せかけている恐ろしい映画かもしれません。
伊語全く分からないのに伊語音声字幕なしで観てきました。
細かいところは分からなかったけど、大体のストーリーは理解できたかな。といったところです。
言葉は分からなくても顔や声の表情から心情を読み取りやすい映画でした。
内容についても前知識ゼロで行きましたが、ジャンルはクライム。
ちゃんと日本語字幕で観て理解するまでは評価は付けないでおきますが、主人公の心理や変化、人間らしさを描いた良作だったと思います。
カンヌが好きそうな映画。
カメラアングルが個人的に好みです。
日本でも公開されて欲しい!