Upgrade(原題)の作品情報・感想・評価

「Upgrade(原題)」に投稿された感想・評価

Finisterre

Finisterreの感想・評価

2.8
95分とは思えない面白さでした。

何故奥さんが殺されたのかという理由に、あ、そういうこと、と思いきや、二転三転のどんでん返しがあり、よくできていました。

未来の車も、大手各社が出しているコンセプトを具現化しているし、数年後、現実に起こり得る世界として充分にあり得るという点でも、楽しめました。

日本未公開…?公開したらいいのに、と。
Venomのもっと考えさせられるバージョン。
Midori

Midoriの感想・評価

3.5
AIを主題にした映画。AIだとTranscendenceとかHerなどあるが、これはアクション映画。

近未来のアメリカではAIを駆使した豊かな生活が享受されていた。主人公のグレイはAIではなく、昔ながらの自分の手を使った作業や仕事を好むタイプの人間。一方妻アシャはテクノロジー業界に勤務し、AIの恩恵を最大限活用した生活を送っていた。

ある日夫婦が乗車する車が自動運転中、ハッキングされ制御不能に陥り、衝突、命からがら車から這い出したところを何者かに襲われ、妻を射殺され、グレイも撃たれ四肢麻痺に陥る。

失意の中ベッドで寝たきりのグレイに、若き科学者イーロンが特別な取引を提示する。彼はグレイと知り合いで、事故直前には妻を紹介したところであった。イーロンが開発したAIチップを体に埋め込むことで、麻痺した体を制御し、再び歩くことが出来るという。但し、このチップ(Stem)については極秘にすることという条件で。最初は拒否するグレイだが、イーロンは、亡くなった妻はグレイが再起するのを望んでいるだろうと鼓舞し、グレイはこの手術を受けることを決意する。

手術を受けたグレイは、まさに奇跡的に復活し、元々以上に超人的な能力を得ていた。Stemの力添えを得て妻を殺した輩を粛清することに決めたが…

おもしろい。何となく選んで見てみた映画だが、ストーリーがよく出来ている。俳優はトム・ハーディに似てる、どこかで見たことあるなぁと思っていたら、Invitationの主人公だった。オススメです。
飛行機内で観賞

ありがちな近未来SFだけど、アクションとかは『ハードコア』ばりにスタイリッシュ。

チップを埋め込んだ最強復讐マシーン
TAKA

TAKAの感想・評価

4.5
DVDにて鑑賞
これはある意味衝撃的作品でした。初めてマトリックス、あるいはザ・レイドを見たときと同じ衝撃。今まで見たことのないアクションシーンに拍手喝采です。監督、脚本はリー・ワネル 。この監督 脚本のほうが有名ですが、インシディアス序章の監督作は、ジェームズ・ワンより遊び心があって面白いじゃんと思ってたのですが、今回の監督作で一気に知名度が上がると思います。ストーリーは奥さんを何者かに殺され、本人も瀕死の重症を負うが、脳に研究中のAIチップを埋めこんだ事で特殊能力が備わり復讐を実行するという話。最近見たヴェノムと ある意味設定が被ります。注目はアクションシーン ムチャクチャ新鮮 こんな表現もあったのかと感心。凝った脚本も最高本当に満点つけたいのですが 一点これブラムハウスの作品なので低予算なんです。もう少し予算を近未来の表現に使い、1人でも有名な俳優がでていたら マトリックスくらいの作品になってたかもな~とおもっちゃいました。次回大手スタジオの作品に期待しましょ。
dragon01

dragon01の感想・評価

3.8
近未来的で面白かった✨✨✨
尺が短くてサクッと観れる
ちょっとグロい

このレビューはネタバレを含みます

時は未来。身体にAIチップ埋め込まれて強くなって復讐に燃える主人公。
最後はAIに支配されてしまい、主人公は諦めて夢の世界へ…でもそんな人間の弱さが出ていて良かった
BUTTnistel

BUTTnistelの感想・評価

3.7
久々に少し目新しい感じの映画。
m

mの感想・評価

4.7
ジェームズ・ワンとのコンビでお馴染みのリー・ワネルによる、「インシディアス 序章」に続く監督作。妻を殺され自らも四肢麻痺となった男が、最先端AIチップを体内に埋め込み肉体をAIの制御に任せる事で復讐に立ち上がる。

序盤で主人公の苦しみをみっちりと重く描いている事が効いていて、ただのふざけた映画にはなっていない。正直ここまでしっかり重く描くとは思っていなかったので、嬉しい驚き。ワネル監督、巧いです。

『肉体をAIに操られている人間によるバイオレンス』という奇想を見事に具現化していて、思わず爆笑してしまう程にユニーク。肉体の動きは機械的=非人間的、表情には人間的な感情がもろに現れていて自分の肉体がしでかしている暴力にビビっている、という演じるのが難しい差異を見事に演じ切った主演のローガン・マーシャル=グリーンがお見事!殺陣の振り付けも凝ったカメラワークも素晴らしい。
主人公VS実行犯のボスとの対決は「リベリオン」の主人公VSラスボスを想起させる面白さ!

意外な黒幕となかなかシビアなラストが心に重く残る。主人公の妻役の女優の芝居の弾けた可愛らしさが印象深い。
mizkiz

mizkizの感想・評価

4.2
2018/10/19
>|