onoyame

アメリカン・アニマルズのonoyameのレビュー・感想・評価

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)
3.0
俳優と本人のインタビューを交えながら、時には本人が劇中に登場しながら展開していく演出は面白かった。
しかし犯人側が犯行を自伝的に描写するのは倫理的にどうなのか。なかなか賛否両論を生むような作品で、映画としては面白いのだが素直にそう言っていいのか躊躇してしまう。
徹底的に被害者視点から銃乱射事件を描いたドキュメンタリー映画「テキサスタワー」がすでにこの世に登場してしまったので、そう考えると実際にあった事件を加害者側から描くのはやはりどうかと思う。

本作を観た目的は映画「ダンケルク」でその名を知ったバリーの演技を観るためだったのだが、本当に役柄に縛られない俳優だと思った。どんな役柄であってもさも本人もそのような人物なのではと思わせるほどの真実味がある。いわゆるカメレオン俳優と言える。これからの活躍がますます楽しみになった。