tero

アメリカン・アニマルズのteroのレビュー・感想・評価

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)
-
自分は特別な人間なんだ。
何かが起これば変われるはずなんだ。
ただただそんなきっかけだけを待っていて、自分からは何もしようとはしない。

彼らは楽をしたがって、成長のために何かをしようとは考えなかったという司書の言葉が痛い。

なんて無様で罪深いイニシエーション。